【ニュース速報】川崎殺傷事件の犯人・岩崎隆一容疑者が包丁4本所持 / 小学生ら19人刺され3人死亡「計画的犯行との情報」

登戸第一公園・岩崎隆一容疑者


noborito-daiichi-kouen4

川崎殺傷事件が日本中を悲しみで包んでいる。突如として2019年5月28日(火曜日)午前7時40分頃に発生したこの事件は、現時点で3人が死亡確認されており、うち1人は自殺をした殺傷事件の犯人であり、通り魔をした岩崎隆一容疑者(51歳)だ。計19人が通り魔によって刺されている。

・小学生たちを次々と刺した
岩崎隆一容疑者は神奈川県川崎市の麻生区に住んでいる男性とされており、事件当日、包丁を持ってコンビニ付近で人を刺したのち、カリタス小学校専用のスクールバスに駆け寄り、バスに乗ろうとしている乗っている)小学生たちを次々と刺していった。

・死亡した小学6年生の栗林華子ちゃん
スクールバスには小学1年生と小学6年生の女児たちが乗っており、岩崎隆一容疑者はその子供たちを包丁で切ったり、刺したり、複数の傷を負わせていった。死亡した小学6年生の栗林華子ちゃん(11歳)は頭、胸、首、脇など複数個所を切ったり刺したりされ心肺停止状態になったのち、搬送先の病院で死亡した。

kikuchi-keio2

・岩崎隆一容疑者の所持品を警察が調査
岩崎隆一容疑者は計19人を刺したのち、自分の首を刺して心肺停止状態になり、その後死亡した。つまり自殺したことになる。そんな通り魔の所持品を調べたところ、保険証などの身分証から神奈川県川崎市麻生区に住む男性と判明した。

・予備として包丁を複数持っていた可能性
さらに驚くことに、岩崎隆一容疑者の所持品には複数の包丁があり、岩崎隆一容疑者が犯行に使用した包丁を合わせると合計4本の包丁が所持品から発見されている。包丁が折れるなどのトラブルを回避するため、予備として包丁を複数持っていた可能性がある。

・大人には子供たちの命を守る義務がある
この川崎殺傷事件では、小学生の保護者である小山智史さん(39歳)も刺されて死亡している。事故と事件、その双方で幼い子供たちが死亡する出来事が連発している昨今。「なぜ」という言葉しか出ないのが現状だ。大人たちには、子供たちの命を守る義務がある。何らかの解決策があればよいのだが。

もっと詳しく読む: 川崎殺傷事件の犯人・岩崎隆一容疑者が包丁4本所持 / 小学生ら19人刺され2人死亡「計画的犯行との情報」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/05/28/kawasaki-noborito-satsujin-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧