【ニュース速報】登戸第一公園の刺傷事件で犯人が自殺行為か / みずから自分を刺して心肺停止「子供2人が心肺停止」

岩崎隆一容疑者


noborito-daiichi-kouen3

2019年5月28日7時46分に発生した、神奈川県川崎市登戸の登戸第一公園での刺傷事件。包丁2本を持った男により複数の小学生や大人が刺された事件で、公園付近のバス停で待つ子供8人と大人7人が刺された。大人2人と小学生1人が心肺停止状態であることが判明している。

・自殺を図った可能性
子供と大人を次々と刺した男は確保されたが、その時点で男は自分の肩や首を包丁で刺しており、極めて危険な状態だったという。重傷を負った男は心肺停止と診断されている。つまり自殺を図った可能性が高い。

・合計19人が男によって負傷
目撃者や捜査関係者によると、男はバス停で待っていた子供たちを次々と包丁で刺し、子供8人と大人7人が刺されたと報じられているが、被害は拡大し、合計19人が男によって襲われ、けがを負っているという。

noborito-daiichi-kouen
noborito-daiichi-kouen1


noborito-daiichi-kouen2
noborito-daiichi-kouen3

・登戸第一公園は非常に規模が小さい公園
登戸駅は小田急小田原線とJR南武線が交差している駅だ。通勤や通学時は非常に混み合い、多くの人たちが利用している地域である。そんな登戸駅から徒歩3分ほどの場所にある登戸第一公園で、今回の痛ましい事件が発生した。

・犯人自身が自殺を図って心肺停止
警察は殺人未遂として捜査を進めており、犯人の回復を待つことになるが、犯人自身が自殺を図って心肺停止であり、捜査は難航しそうである。

もっと詳しく読む: 登戸第一公園の刺傷事件で犯人が自殺行為か / みずから自分を刺して心肺停止(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/05/28/noborito-daiichi-kouen-hannin-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧