【ニュース速報】登戸の川崎殺傷事件の犯人・岩崎隆一容疑者が死亡 / 自分で首を切り刻み自殺

岩崎隆一容疑者


kikuchi-keio2

2019年5月28日(火曜日)に神奈川県川崎市の登戸第一公園付近にあるバス停で起きた、無差別な通り魔死傷事件が物議を醸しているが、その犯人として確保されていた岩崎隆一容疑者(51歳)が、搬送先の病院で死亡が確認された。ほぼ同時刻に、岩崎隆一容疑者に襲われたカリタス小学校の女児も死亡している。

・次々と小学生を刺す
岩崎隆一容疑者は登戸第一公園付近にあるカリタス小学校専用のバス停に停車中のスクールバスに駆け寄り、次々と小学生を刺していった。子供8人と大人7人が刺されたとの情報があるが、さらに被害者が増えている状態だ。

・切り傷だけでなく刺し傷
岩崎隆一容疑者は2本の包丁を所持しており、ひとりひとり執拗に包丁で刺していったという。死亡した女児は切り傷だけでなく刺し傷もあり、聖マリアンナ医科大学病院によると胸、首、頭、脇などを刺されていたという。

・搬送先の病院で死亡が確認
小学生たちを刺したのち、岩崎隆一容疑者は自分の首や肩などを刺し、みずから自殺を図った。重症の心肺停止状態で搬送された犯人だったが、その後、搬送先の病院で死亡が確認された。

・刃が長めの柳葉包丁のような刃物
岩崎隆一容疑者は40~50代の男性で、黒の半そでシャツとジーパンを着用しており、頭を刈り上げているヘアスタイルだったという。刃が長めの柳葉包丁のような刃物を持っていたとされ、警察が駆け付けた際には路上で倒れていた事が判明している。

【続報】
川崎市登戸の無差別な通り魔死傷事件の詳細判明 / なぜカリタス小学校の子供が殺害されたのか

もっと詳しく読む: 川崎市登戸の通り魔死傷事件の犯人が死亡 / 自分で首を切り刻み自殺(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/05/28/noborito-hannin-shibou-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧