【話題】川崎市登戸の無差別な川崎殺傷事件の詳細判明 / なぜカリタス小学校の子供が殺害されたのか

登戸第一公園・岩崎隆一容疑者


noborito-daiichi-kouen4

2019年5月28日(火曜日)に神奈川県川崎市の登戸第一公園付近で発生した、無差別な通り魔刺傷事件の詳細が判明し、その残虐な行為が物議を醸している。登校中の子供たちがなぜ襲われたこの事件に対し、多くの人たちが怒りに震えている。

・乗客の子供たちは全員小学生
事件は2019年5月28日(火曜日)午前7時46分頃に発生した。神奈川県川崎市の登戸第一公園付近にあるカリタス学園専用のバス停に、カリタス小学校専用のスクールバスが停車。このスクールバスは小学生のみを乗せる便で、乗客の子供たちは全員小学生とみられる。

・スクールバスに駆け寄る岩崎隆一容疑者
娘がそのバスに乗っていたという男性の証言によれば、そのスクールバスに子供たちが乗車していたところ、包丁を持った男が現れたという。その男は岩崎隆一容疑者(51歳)。スクールバスの運転手によると、包丁を持った岩崎隆一容疑者がスクールバスに近寄ってくるのが見えたという。

実は、スクールバスを襲う前に付近のコンビニエンスストア付近で大人を刺していた。通り魔と化した岩崎隆一容疑者は、次々と子供たちを刺し、大人も刺されるなど最悪の事態となったのである。

noborito-daiichi-kouen
noborito-daiichi-kouen1


kikuchi-keio2

・岩崎隆一容疑者は自分を切って自殺を図る
小学生や大人たちを次々と包丁で刺したのち、岩崎隆一容疑者は自分の首や肩付近をみずから切り刻み、心肺停止となって路上で発見された。警察は犯人を確保したものの、重症とのことで病院に搬送された。

・小学6年生の女児が心肺停止
岩崎隆一容疑者と刺された小学生が搬送された聖マリアンナ医科大学病院によると、小学6年生の女児が心肺停止だったものの死亡。どうして未来ある子供が殺されなくてはならなかったのか、多くの人たちが怒りに震えている。

noborito-daiichi-kouen2
noborito-daiichi-kouen3

・スクールバスを狙って襲った可能性
岩崎隆一容疑者の男はスクールバスめがけて駆け寄ってきたとのことで、無差別ではあるものの、スクールバスを狙って襲った可能性があるとされている。この事件で、小学生16人含む18人が刺されている。うち、1人の小学生が死亡し、岩崎隆一容疑者と刺された男性の2人も死亡している。

・犯人は51歳の男性
岩崎隆一容疑者も心肺停止だったが死亡が確認された。岩崎隆一容疑者は51歳の男性で、黒の半そでシャツとジーパンというファッションで、頭を刈り上げた髪型だったという。警察が所持品が入ったバッグのようなものを発見しており、刃が長めの柳葉包丁のような刃物を2本持っていたことも判明している。

【続報】
川崎殺傷事件の犯人・岩崎隆一容疑者が包丁4本所持 / 小学生ら19人刺され3人死亡「計画的犯行との情報」

もっと詳しく読む: 川崎市登戸の無差別な通り魔死傷事件の詳細判明 / なぜカリタス小学校の子供が殺害されたのか(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/05/28/noborito-shogakusei-caritas-news/

※警察画像はイメージです

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧