【ニュース速報】川崎死傷事件・岩崎隆一容疑者の姉がカリタス小学校出身者との情報「近隣住民が語る」


kawasaki-iwasaki-jiken

川崎死傷事件と称されたこの事件は、2019年5月28日(火曜日)午前7時40分頃にJR登戸駅付近で突如として発生した。岩崎隆一容疑者(51歳)が包丁4本を持ち出し、路上にいたカリタス小学校の子供ら19人を刺した。この事件で3人の死亡確認されており、そのひとりがみずからを切り刻んで自殺をした岩崎隆一容疑者となっている。

・カリタス小学校の栗林華子ちゃん
岩崎隆一容疑者に刺されて死亡したのは、カリタス小学校の6年生である栗林華子ちゃん(11歳)と、他の小学生の保護者である小山智史さん(39歳)。多くの人地がふたりの死に涙を流しており、事件現場には山ほどの花束やお菓子などが供えてある。

・カリタス小学校の子供ら19人を刺した
岩崎隆一容疑者の自宅は事件現場のJR登戸駅付近と同じ川崎市ではあるものの、直線距離で約4キロも離れている麻生区。どうして遠いJR登戸駅まで移動し、カリタス小学校の子供ら19人を刺したのか、大きな疑問となっていた。その疑問について「これが理由なのでは」との情報が出ている。

noborito-daiichi-kouen5


jiken-bus

・岩崎隆一容疑者の姉はカリタス小学校の卒業生か
あくまで岩崎隆一容疑者の近隣に住む幼馴染によると、岩崎隆一容疑者の姉がカリタス小学校に通っていた可能性があるというのだ。幼馴染の男性による曖昧な記憶ではあるが、岩崎隆一容疑者の姉がカリタス小学校の生徒だった可能性が出てきたのである。

・父方の叔父の家庭に入った岩崎隆一容疑者
岩崎隆一容疑者の両親は離婚し、父方の叔父の家庭に入ったとのこと。叔父には息子と娘がおり、岩崎隆一容疑者の兄と姉になったという。その姉、いわゆる「いとこ姉」が、カリタス小学校に通っていたかもしれないと幼馴染は語っているのだ。

no-copy

・犯行になんらかの関係か
岩崎隆一容疑者の姉がカリタス小学校に通っていたという情報は不確定ではあるが、それが事実ならば犯行になんらかの関係があるのだろうか。岩崎隆一容疑者と姉との関係について、さらなる取材が進められている。

動機がどうであれ、人の命を奪う行為は決して許されるものではないし、岩崎隆一容疑者が放つ亜空の瘴気が多くの人たちを恐怖に陥れ、不幸へ導いたのは間違いない。

【続報】
【ニュース速報】川崎殺傷事件・岩崎隆一容疑者に刺された小学生ら全員の「けがレベル一覧」を公開

もっと詳しく読む: 川崎死傷事件の岩崎隆一容疑者 / 姉がカリタス小学校出身者との情報「近隣住民が語る」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/05/29/kawasaki-iwasaki-noborito-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧