【ニュース速報】川崎死傷事件の岩崎隆一容疑者の当日の犯行ルートが判明 / ズボンのポケットに現金10万円


kawasaki-iwasaki-jiken8

2019年5月28日(火曜日)午前7時40分頃、二刀流のごとく包丁2本を持ち、次々と小学生らを刺していった岩崎隆一容疑者(51歳)。これにより、犯人である岩崎隆一容疑者を含む3人が死亡した。

・小学6年生の栗林華子ちゃんが死亡
襲われたカリタス小学校の17人のうち、2人が重症。そして小学6年生の栗林華子ちゃん(11歳)が死亡した。また、カリタス小学校に通う子供の父親である小山智史さん(39歳)も刺されて亡くなっている。岩崎隆一容疑者は小学生らを刺したのち、みずから首を切り自殺した。

・いとこ姉 への嫉妬が犯行理由か
岩崎隆一容疑者は、どうしてそのような犯行に及んだのか? 一説には「岩崎隆一容疑者と同居していた “いとこ姉” に嫉妬していた」との情報もあるが、詳細は不明なままだ。現在、捜査関係者によって犯行当日の岩崎隆一容疑者の移動ルートが判明している。

no-copy


jiken-bus
noborito-daiichi-kouen5

・犯行当日の岩崎隆一容疑者の移動ルート
7:00 自宅から出て外出
7:11 小田急「読売ランド前駅」で乗車
7:18 小田急「登戸駅」で下車
7:40 小学生らを刺しまくる事件を起こす

・計画的な犯行と言われている
岩崎隆一容疑者は、二刀流のように包丁2本を両手に持ち、次々と小学生らを刺していった。切ったり刺したりと、人によって傷の種類や傷の数に違いがあったというが、それには理由があるのだろうか。予備の包丁も2本用意していた事から、計画的な犯行であると言われている。

・逃走資金として使う予定だったのか
また、岩崎隆一容疑者はズボンのポケットに現金10万円を突っ込んでいたことが判明しており、財布は持っていなかったという。その10万円で何をするつもりだったのか。自殺で死亡した岩崎隆一容疑者だが、実は逃げることも計画しており、逃走資金として使う予定だったのか? いま現在も捜査が進められている。

もっと詳しく読む: 川崎死傷事件の岩崎隆一容疑者の当日の犯行ルートが判明 / ズボンのポケットに現金10万円(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/05/29/noborito-kawasaki-iwasaki-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧