【話題】溺れる! 浴槽が深すぎる姉戸川温泉が改修 / カワイイ猫がお出迎えで人気に「ドバドバ落ちる打たせ湯も最高」


anenokawa-onsen

青森県上北郡にある姉戸川温泉をご存じだろうか。この温泉は肌がツルツルになるとして多くの温泉マニアに知られている場所だが、全国的に有名な温泉とはいえないかもしれない。だからこそ、ぜひとも行ってほしい温泉のひとつだ。

・溺れかけるほど深い
かつて姉戸川温泉の浴槽は、子どもが溺れてもおかしくないほど、浴槽が深い温泉だった。実際に子供が「溺れそうになった」という親の報告があるほど。温泉マニアの間では「その深さが良い」という人もいますが、溺れかけるほど深いのは危険である。

・安全に気持ちの良い温泉として営業
その後、女将らは浴槽を改修し、浅い温泉として復活させたという。これにより、他の温泉と同様、安全に気持ちの良い温泉として営業を続けている。子供も、大人も、お姉さんも、みんなが楽しめる温泉となったのだ。


・温泉猫が棲んでいた
姉戸川温泉には、もうひとつ素晴らしい点があった。それは看板猫ならぬ、温泉猫が棲んでいたという点である。姉戸川温泉に棲んでいる猫がおり、多くの人たちが癒やされていたのである。現在もその猫はいるのだろうか。

・一度は行ってみるべきと断言できる温泉
今も多くの人たちが訪れる姉戸川温泉。もしあなたが温泉好きならば、一度は行ってみるべきと断言できる温泉である。お肌がツルツルになって、美味しい青森県の料理を堪能してみてはいかがだろうか。

ちなみに、高い場所からドバドバと源泉が浴槽に注がれているため、それに打たれながら湯船に浸かるのも人気である。

もっと詳しく読む: 溺れる! 浴槽が深すぎる姉戸川温泉が改修 / カワイイ猫がお出迎えで人気に(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/05/30/anetogawa-onsen-aomori-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

お出かけ・旅行の新着記事一覧