【ニュース速報】川崎死傷事件の岩崎隆一容疑者の自宅から大量殺人の本が発見される / 犯行の参考にしたか


kawasaki-iwasaki-jiken8

2019年5月28日7時40分ごろ、神奈川県川崎市登戸のカリタス小学校専用バス停で、包丁2本を手にした岩崎隆一容疑者(51歳)により、カリタス小学校の子供ら19人が襲われ死傷した。これにより栗林華子ちゃん(11歳)と、他の生徒の保護者である小山智史さん(39歳)が死亡。岩崎隆一容疑者もみずから首を切り自殺した。

・大量殺人に関する雑誌2冊を発見
そんな岩崎隆一容疑者の自宅を家宅捜索した警察は、岩崎隆一容疑者の部屋から大量殺人に関する雑誌2冊を発見し、押収したことが判明した。この雑誌はかなり以前のもので、最近発行されたものではないという。

・殺傷の参考にされた可能性
また、雑誌には日本で発生した無差別殺傷事件などは掲載されておらず、その多くが海外で発生した事件だという。この雑誌が岩崎隆一容疑者が起こした殺傷の参考にされた可能性はあるが、まだ断定することはできない。

・他者とのコミュニケーションが少ない
岩崎隆一容疑者は伯父と伯母の家で引きこもり生活を送っていたとされているが、パソコンやスマホは所持していないとされており、さらに仕事もしていなかったことから、他者とのコミュニケーションがかなり少ない生活をしていたと言われている。

・犯行動機も推測の域を出ず不明なまま
社会的に孤立したことが犯行の動機の一因との声も出ているが、兄姉がカリタス小学校に通っていながら、自分だけ普通の上学校に通わされたことに対して嫉妬していた可能性があるともいわれており、現在流布されている犯行動機も推測の域を出ず不明なままだ。

もっと詳しく読む: 川崎死傷事件の岩崎隆一容疑者の自宅から大量殺人の本が発見される / 犯行の参考にしたか(バズプラス Buzz Plus)

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧