【話題】父親に殺害されたドラクエ10プレイヤー熊澤英一郎さんの直筆イラスト発見 / 日常的に家庭内暴力


img8

元農林水産事務次官の熊沢英昭容疑者(76歳)は2019年6月1日15時30分ごろ、息子である熊沢英一郎さんの胸を包丁で複数回刺して殺害した事件は、多くの人たちに衝撃を与えている。ひきこもって働かないニートで、さらに家庭内暴力を日常的に行っていたことが判明しており、父親が我慢の限界となり息子を殺害したと推測されている。

・「運動会をしている小学校がうるさい」と激怒
また、2019年5月28日午前7時40分ごろ発生したカリタス小学校の生徒をターゲットとした川崎殺傷事件の影響もあり、「その事件と同じようにひきこもりの息子が周囲に迷惑をかけてはいけない」的なイメージが頭に浮かび、息子を殺害したと自供しているという。殺害される直前、熊澤英一郎さんは「運動会をしている小学校がうるさい」と激怒していたという。

・熊澤英一郎さんが描いていたイラストが多数発見
どんなに家庭内暴力が激しく、そしてニートだとしても、それが殺害して良い理由とはならない。とはいえ、苦悩して殺害に至った熊沢英昭容疑者に同情の声が集まっているのが現状だが、そんななか、熊澤英一郎さんが描いていたイラストが多数発見され、大きな注目が集まっている。どうやら熊澤英一郎さんには絵心があったようで「神崎ひろみ」というペンネームでイラストを描き、高い評価をしている人もいるのである。

kumasawa2
img2


img4
img1
img3
img5
dq10-kumasawa
dq10

・画力を高く評価している人たち
殺害された熊澤英一郎さんは、イラスト共有サイト「PIXIV」(ピクシブ)やソーシャルワーキングサイト「mixi」(ミクシィ)などで多数のイラストを公開していることが判明。そのクオリティに対して厳しい声があるのも事実だが、下手なわけではなく、その画力を高く評価している人も少なからずいるのである。

・イラストレーターや漫画家などの道
オンラインゲーム「ドラゴンクエストX」(DQ10)に没頭し、有名なプレイヤーとして君臨していた事が判明している熊澤英一郎さん。彼が殺害されなければ、イラストレーターや漫画家などの道があったかもしれない。しかし命が断たれたいま、彼が描いてきたイラストからは言葉にできない寂しさを感じる。

【続報】
【衝撃】父親に殺された熊澤英一郎さん / 父親と一緒にコミケで同人誌販売していた事が判明

もっと詳しく読む: 父親に殺害されたドラクエ10プレイヤー熊澤英一郎さんの直筆イラスト発見 / 日常的に家庭内暴力(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/06/03/dq10-satsugai-illustration-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧