【衝撃】父親に殺された熊澤英一郎さん / 父親と一緒にコミケで同人誌販売していた事が判明


kumasawa1

父親である元農林水産事務次官の熊沢英昭容疑者(76歳)に殺害された、息子の熊沢英一郎さん(無職44歳)が中学2年生の頃から家庭内暴力を行っており、熊沢英昭容疑者の体には熊沢英一郎さんに殴られたあとがあることが判明しているが、新たに衝撃的な情報が入ってきた。

・親子で同人誌を販売
熊沢英一郎さんは日常的にイラストを描くのが趣味だったようだが、熊沢英一郎さんが描いた同人誌をコミケ(コミックマーケット)で父親とともに販売していたというのだ。親子で同人誌を販売していたのである。

・父親は黙って座って販売員をしていた
しかし、そのようすを目撃した熊沢英一郎さんの知人によると、父親はお願いされて仕方なく同人誌を販売しているようだったと語っている。親であれば子どものために協力したいと思うものだが、日常的に家庭内暴力や暴言を浴びせられており、嫌々ながら一緒に同人誌を販売していた可能性がある。父親はコミケを楽しんでいるというよりは、黙って座って販売員をしていたという。

img8
img4
kumasawa2


dq10-kumasawa

・ロボットや女性を描いていた
熊沢英一郎さんはインターネット上に自分で描いたイラストを多数掲載しており、特にロボットや女性を描いていたようである。同人誌は熊沢英一郎さんのイラスト集で、どれくらい売れたのかは不明なままだ。

・第二の川崎殺傷事件を防ぐためか
父親である熊沢英昭容疑者は、熊沢英一郎さんが近隣の小学校に対して「うるさい」「ぶっ殺すぞ」などと言いだしたため、川崎殺傷事件のような事態にならないように熊沢英一郎さんを殺害したようである。皆さんは、熊沢英昭容疑者の殺害動機をどのように考えているだろうか。

もっと詳しく読む: 父親に殺された熊澤英一郎さん / 父親と一緒にコミケで同人誌販売していた事が判明(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/06/04/kumasawa-eiichiro-comiket-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧