【話題】父親に殺害された熊澤英一郎さん / スクエニに強い恨み「アカウント停止で激しい怒り」

ドラゴンクエストX


kumasawa

父親である元農林水産事務次官の熊沢英昭容疑者(76歳)に殺害された、息子の熊沢英一郎さん(無職44歳)。彼はオンラインゲーム「ドラゴンクエストX」(DQ10)のディープなマニアだったと言われているが、その運営会社であるスクウェア・エニックスに対し、激しく強い恨みを抱いていた事が判明し、物議を醸している。

・うるさい小学校の子供たちに危害を加える
熊沢英一郎さんは父親である熊沢英昭容疑者に対して家庭内暴力を繰り返していたとされており、殺害直前に「うるさい小学校の子供たちに危害を加える」的な発言をしたことから、熊沢英昭容疑者は事件を無全に防ぐため熊沢英一郎さんを刺し殺したと言われている。

・現在も継続して遊んでいたほどのヘヴィーユーザー
どんな理由があろうとも殺人はとるべき選択肢ではないが、追い詰められた熊沢英昭容疑者がとるべき選択肢は、息子の殺害しかなったようだ。父親に殺されるという悲惨な死を遂げた熊沢英一郎さんだが、そんな彼の趣味はオリジナルイラストとオンラインゲーム「DQ10」。彼はサービスが開始された2012年からプレイヤーとしてゲームに参加しており、現在も継続して遊んでいたほどのヘヴィーユーザー。


・ネットのエチケットに反する行為
熊沢英一郎さんのキャラクターはどんどん成長し、かなり強いキャラクターとしてDQ10の世界で君臨していた。彼を知るDQ10プレイヤーによると、熊沢英一郎さんはゲームやインターネット内での人格に難があり、素行も良くなかったという。そんなプレイをしていればネットのエチケットに反するとして、ゲーム内で罰せられることがある。

・運営であるスクエニに対して強い恨み
熊沢英一郎さんは、たびたびDQ10のルールに反する行為をし、運営であるスクウェア・エニックスからペナルティを課せられていたという。また、かなり重いペナルティの「アカウント停止」も課せられたことがあり、運営であるスクエニに対して強い恨みを持っていたともいわれている。

・自分の地位を確立するため「実力があるように見せかける」
自分が思うように事が進まなければ癇癪(かんしゃく)を起こし、自分の地位を確立するため「実力があるように見せかける」ことをゲームやインターネット上で繰り返していた熊沢英一郎さん。もっと気楽で社会的な生活を送ることはできなかったものか。プロ級の絵心があると評価する人もいるだけに、イラストの世界で食べていければ良かったのだが。

もっと詳しく読む: 父親に殺害された熊澤英一郎さん / スクエニに強い恨み「アカウント停止で激しい怒り」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/06/06/kumasawa-dq10-jiken-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧