【緊急事態】凶悪犯罪の原因がマスコミの暴論で「ドラクエの影響」にされる可能性アリ / 3つの事件の共通点がドラクエだと報じる


game1

ゲーム好きな人ならば、誰もが「そんなバカな理論がありえるか」と思うだろう。最近発生している凶悪犯罪の原因が「ドラクエの影響」にされる可能性が出てきたのである。それは「3つの事件の共通点がドラクエ」と報じるマスコミが出てきたからだ。

・川崎殺傷事件の容疑者はドラクエ好き
2019年5月23日(火曜日)に発生して小学生らが殺害された川崎殺傷事件では、岩崎隆一容疑者(51歳)の部屋にテレビとゲーム機などがあったと報じられ、ゲームソフトとしてドラクエがあったと報じているマスコミがある。

・ドラクエ10プレイヤー殺害事件
2019年6月1日(土曜日)に発生した父親が実の息子を殺害した事件では、元農林水産事務次官の熊澤英昭容疑者(76歳)が逮捕された。熊澤英昭容疑者は、息子が「うるさい小学校の子供たちに危害を加える」的な発言をしたため、やむを得ず殺害したと自供しているが、その殺害された息子はドラクエ好きであったと報じられている。

kawasaki-iwasaki-jiken
dq10


iimori-yujiro

・警察官に対する強盗殺人未遂事件
そして2019年6月16日(日曜日)に発生した、交番の警察官が襲われた強盗殺人未遂事件。その容疑者の飯森裕次郎容疑者(33歳)は逮捕後の捜査で「ドラゴンクエストのゲームをやめたら心臓から声が聴こえて困っている。昔住んでいた吹田市の人達の声です」と発言していると報じられている。

・「ゲームは害悪」などの暴論に繋がる可能性
それらの事件に対して、一部のマスコミは「3つの事件の共通点はドラクエだ」と報じており、この流れが複数のマスコミ、特にテレビにまで広まっていくと「ドラクエが犯罪の原因」「ゲームは害悪」などの極端な暴論に繋がる可能性が大きくある。

・暴論に走らないことを切に願いたい
ゲーム機は広く多くの家庭にあるものであり、特にドラゴンクエストやファイナルファンタジー、ゼルダの伝説などの人気ゲームを所持している人は非常に多い。つまり「ドラクエが犯罪の原因」「ゲームは害悪」という考えは「パンが犯罪の原因」と言ってしまうのと同じくらい暴論なのである。マスコミがそのような暴論に走らないことを切に願いたい。


もっと詳しく読む: 凶悪犯罪の原因がマスコミの暴論で「ドラクエの影響」にされる可能性アリ(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/06/19/game-dragon-quest-warumono-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧