台湾で小籠包を食べるなら「鼎泰豊」がおすすめ! ディンタイフォンの魅力とは

ディンタイフォン


8

「世界の10大レストラン」に選ばれた小籠包(ショウロンポウ)・点心を始めとした台湾料理・台北料理の「鼎泰豊」(ディンタイフォン)。

世界中に店舗を構える世界的なブランドレストランです。日本国内にも20店舗ほどあるので、台湾まで足を運べない方にもおすすめしたい本格小籠包が味わえるお店です。が、せっかく台湾へ行くなら本店へ行ってみたいところ。日本店とはもちろん味も違えばクオリティーも違います。台湾でぜひとも足を運んでいただきたい。

・鼎泰豊(ディンタイフォン)
鼎泰豐(ディンタイフォン)は小籠包が看板メニューの点心料理店です。1958年に台湾台北市で食用油を取り扱う油問屋として創業した鼎泰豐は1972年に小籠包を始めとする点心料理の販売を始めました。鼎泰豊の小籠包は地元の皆様を中心に美食家達の評判を呼び、新聞や雑誌のグルメコーナーでも紹介される人気レストランとなりました。1993年にはニューヨークタイムズ紙で「世界の人気レストラン10店」の1つにも選ばれ、一躍知名度が上がり、台湾国外からも多くの観光客が来店する世界的なブランドとなりました。実力派です。

7
2
5

・「鼎泰豊(ディンタイフォン)」は他の小籠包のお店とは違う!
小籠包は、皮の薄さで作るのが難しくなります。台湾のローカル店になれば、必ず皮が厚いです。作りやすい事、蒸しすぎなどでも皮が破れない、長時間作り置きができるからです。鼎泰豊の小籠包の凄いところはその皮の薄さです。たった5gの薄い皮に包まれた熱々のスープともっちりとしたアンを、まずは味わってほしいのです。もちろん、小籠包ばかりではなく、他の食べ物のレベルがすごく高いです。小籠包の他に、ぜひ食べて頂きたいものが、沢山あります。

・日本でも食べられるけど、あえて台湾で
日本でももちろん食べられますが、あえて本場の台湾で食べて頂きたいぶっちゃけ、小籠包の味とクオリティーはどこに店舗へ行っても、美味しいの一言。ただし、小籠包以外の料理の味は全然違うと思います。なので、台湾ではその他の料理も色々楽しむことができます。台湾の「鼎泰豊(ディンタイフォン)」に訪れる前に、ぜひとも日本店に行ってから味比べを楽しんでみてください。

6
4
3
1

・行くならやっぱり本店!
台北市内でもやはり「鼎泰豊(ディンタイフォン)」の行列は有名です!30分から90分も待つことが有ります。そんな中でも行列を作るのは本店。雰囲気が他のお店と違います。ここから創業したんだーという雰囲気がいかにも漂い、台湾に来たならば絶対に行くべきオススメ店です。本店の混み具合は、午前は11時過ぎには、行列が始まり14時過ぎには少し落ち着きます。また、夕方15時には始まり、20時までは行列してる感じですが、20時過ぎるとすぐ入れます。21時が閉店ですが、混み方によりますが、ギリギリまでオーダーを取ってくれます。その時間帯もサクっと食べて帰るには最適!

小籠包の種類も豊富で迷ってしまうかもしれませんが、べーシックな豚肉の小籠包は当然頼むとして、後は鶏の小籠包も美味しいです。オススメです。蟹みそは好き嫌いが分かれますので、お好みでどうぞ!ちなみに人数が多い時は、「小籠包は、一度に全てを頼まない!」「追加するように頼む」のが、美味しく食べれるコツです。とにかく、出来立ての小籠包が一番美味しいです!台湾に訪れた際にはぜひ、名店「鼎泰豊(ディンタイフォン)」の本店へ足を運んでみてはいかがですか?

もっと詳しく読む:台湾で小籠包を食べるなら「鼎泰豊(ディンタイフォン)」がおすすめ! (Photrip フォトリップ)

鼎泰豊(ディンタイフォン)
住所: 台北市信義路二段194号
時間: 10:00~21:00(土日祝は9:00~)
休日: 旧暦大晦日・元旦、4月に行われる新年会開催日

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

すごいグルメの新着記事一覧