【騒動】フェイスブック社に猛毒サリンが送られる事件発生 / スタッフ2人がサリン被害か


facebook-sns

Twitterやインスタグラムと並んで「ないと生きていけない!」と言う人がいるほど人気のソーシャルネットワーキングサービス「Facebook」(フェイスブック)だが、その運営母体であるフェイスブック社に、猛毒のサリンが送られてくる事件が発生し、物議を醸している。

・4棟で働くスタッフを避難
フェイスブック社にサリンが届いたのは2019年7月1日のこと。届いた郵便物を不審物と判断して調べたところ、サリンが検出されたという。この事態を重大な出来事と判断したフェイスブック社は、4棟で働くスタッフを避難させたという。

・スタッフ2人がサリン被害か
しかしながら、スタッフ2人がサリンにさらされた可能性があるとして検査をしている状態とのこと。実際にサリンによって体が被害を受けていれば、より重大で悪質な事件に発展するのは間違いない。

・送られてくるものをすべてチェック
また、フェイスブック社は会社に届くすべての物を検査しており、サリンや毒物、爆発物などの被害を受けないよう徹底しているとのこと。今回のこともあり、スタッフはより慎重に検査することになりそうだ。

・生活になくてはならない存在
Facebook は非常に便利なコミュニケーションツールであり、もはや生活になくてはならない存在と化している人もいるはずだ。そんなFacebookに対して恨みを持つ者の犯行なのだろうか。それちも愉快犯なのか、どうであれ許されない犯罪行為なのは間違いない。

もっと詳しく読む: フェイスブック社に猛毒サリンが送られる事件発生 / スタッフ2人がサリン被害か(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/07/04/facebook-sarin-incident-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧