【話題】サンリオ社長(91歳)の戦争経験に感動 / かわいいキャラクターが生まれた理由を語る


sanrio

株式会社サンリオの株主総会に参加した人物が、会場で代表取締役社長が語った戦争と「かわいいキャラクターの誕生秘話」を聞いたとして、その内容をインターネット上で公開している。

・いまも現役の社長
みずからの戦争体験を語ったのは、辻信太郎社長(91才)だ。彼はサンリオの創業者であり、いまも現役の社長として株主総会にも参加しているようである。そこで彼はどんな内容の話をしたのか? 以下は、株主総会に参加した人物のTwitterコメントである。

・Twitterコメント
「サンリオの株主総会に行ってきた。創業者にして現役社長の甲府空襲のお話が印象的。131機ものB29による焼夷弾。恐ろしい。戦争は嫌だ→世界平和→平和の為には皆仲良く→仲良くなるきっかけは贈り物→贈り物には可愛いキャラが受ける。大雑把にまとめるとそんなお話」


・かわいいものには人を笑顔にする力
仲良くするためには、贈り物が良い。かわいい贈り物だと喜ばれる。そんな考えでサンリオが誕生したのだろうか。確かに、かわいいものには人を笑顔にする力があるし、辻信太郎社長の発言には説得力がある。

・サンリオの人気の秘密
ハローキティ、シナモロール、そしてマイメロディなど、複数の人気キャラクターが世界中で愛されている。どんなものよりも無害で、笑顔を生み、人を幸せにする。その部分がサンリオの人気の秘密なのかもしれない。

もっと詳しく読む: サンリオ社長の戦争経験が興味深い / かわいいキャラクターが生まれた理由を語る(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/07/04/sanrio-shintaro-tsuji-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧