【衝撃】中国の高層ビルがドライバーで床を掘れるほどモロくて危険だと話題に


image

中国の高層ビルが、ドライバーのような棒で簡単に床を掘れるほどモロいと話題になっています。この動画が事実ならば、誰も住みたくないし、誰も働きたくない高層ビルと言えるでしょう。

・簡単に崩れていく
実際に床を掘っている動画が公開されていますが、ザクザクと床に刺しただけで簡単に崩れていくのが分かります。すでに床には穴が空いていて、掘ることでどんどん穴が大きくなっていきそうです。

・倒壊するのではないかと心配
ここまでモロいと、床や壁のコンクリート(!?)部分だけでなく、基礎となる鉄部分も不安になります。新しく建てられたと思われるこの高層ビルですが、ちょっとした地震や振動、強い風などで倒壊するのではないかと心配です。

・手抜き工事なのか
このモロさが事実ならば、施工業者はどのような意図でこんなにもモロい高層ビルを作ったのでしょうか。手抜き工事なのか、そもそもこのような仕様で進められた「中国では普通に存在するビル」なのか。そのあたりは不明です。

・モロい高層ビルの真相
日本でも手抜き工事が問題視されることがありますが、倒壊の危険がある高層ビルは事故に繋がることもありえるので、モロい高層ビルの真相を解明してほしいですね。

もっと詳しく読む: 中国の高層ビルがドライバーで床を掘れるほどモロくて危険だと話題に(バズプラス Buzz Plus)

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧