【悲報】バス会社が行政処分で運休決定 / いわくにバスが公式謝罪「不適切な業務執行が続いております」「代表取締役の責任」


iwakuni

山口県岩国市でバスを運行しているバス事業者 いわくにバス が行政処分を受け、運休することが判明した。これは いわくにバス が公式サイトやTwitterで発表したことにより判明したことで、今までも度重なる行政処分や不祥事が発生していた事実を激白している。

・不利益処分を受けることになった
いわくにバスは中国運輸局から道路運送法等関係法令に違反していると通達され、不利益処分を受けることになったという。ではどのような道路運送法等関係法令違反が行われていたのか? いわくにバスによると「運転士に対して過労運転を防止するための措置が適切に行われていなかった」ことが、不利益処分を受けることになった原因だという。

・いわくにバスの謝罪コメント
「当社は7/22(月)付で中国運輸局より、道路運送法等関係法令に違反する事実が認められたことから事業用自動車の使用停止の不利益処分を受けることとなりました。その結果、日々の運行に必要な車両が不足することから一部便の運休を行うこととなりました。お客さまにはご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます」

・・いわくにバスの違反の内容
「運転士に対して過労運転を防止するための措置が適切に行われていなかった等」

・・いわくにバスの処分の内容
「20日車(4両×5日)」※7/22(月)~7/26(金)まで使用停止処分となり、該当のバスは使用停止処分を終えた後、翌週以降、車両を1日1台運輸支局に回送し、ナンバープレートの再封印を行います(8/2(金)を回送予備日)」

・いわくにバスの公式コメント
「当社は市内路線バスとして運行する車両を約40両保有しておりますが、1日約30台を使用するほか、法定点検や修繕修理を行うこと、また故障等で長期運行不能な車両が存在することから車両の不足が発生します。なお、使用停止車両の選定根拠として、勤務状況の監査期間に該当の運転者が使用していた車両のうち「初度登録が新しい車両、乗車定員が多い車両」の順に指定を受けることとなります」


・ユニークな書き込みも注目
いわくにバスは、以前からインターネット上で話題になることが多いバス事業者だった。「クリスマスイブ前の週末から、イブ当日にかけて、ケーキやチキン、ピザを販売する店舗の周辺で渋滞が発生し、岩国市内を運行する路線バスに大幅な遅延が発生する可能性があります」などと、ユニークな書き込みをすることもあった。

・便利で使いやすいバス事業者になることを願う
しかし同時に、トラブルが複数発生しているバス事業者としても知られていた。いわくにバスは今回の処分を真摯に受け止めており、今後、今まで以上に地域住民が便利で使いやすいバス事業者になることを心から願いたい。

もっと詳しく読む: バス会社が行政処分で運休決定 / いわくにバスが公式謝罪「不適切な業務執行が続いております」「代表取締役の責任」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/07/17/iwakuni-bus-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧