【話題】京都アニメーション放火事件の犯人の詳細が判明 / 足から炎を出しながら逃走「容態急変もありえる」

青葉真司


kyoto-animation-fire-arson-case-news2

追記: 2019年7月19日時点で33人が死亡と報じられました。
追記: 2019年7月18日21:00時点で25人が死亡、36人が重軽傷、5人と連絡が取れないと報じられました。

京都アニメーションといえば京アニの愛称で知られている世界的に有名なアニメーション制作会社だが、その第1スタジオが男(41歳)によって放火され、38人が死傷し、現時点で25人の死亡が確認されている卑劣な事件で新たな情報が入ってきた。

・犯人のプロファイル情報
京都アニメーションにガソリンを持参して放火し、スタジオにいたスタッフにも着火させ、火だるまにするなどの卑劣な行為をしていた犯人の詳細が判明。犯人自身も体が燃え、その場から対比していた事が判明した。そして、犯人のプロファイル情報が新たに報じられ、その人物像が判明してきた。

・自身の体にも炎が立ちのぼって発火
犯人の性別は男性で、年齢は41歳。大柄の肉体をしている男は、Tシャツに青いジーンズを着用したファッションで第1スタジオを訪れた。ガソリンをまいて放火し、スタッフを火だるまにしたあと、自身の体にも炎が立ちのぼって発火。

・息も絶え絶えな状態で民家に助け
自分で自分を燃やしたのか、それとも意図せぬ失敗で自分も燃やしてしまったのかは不明だが、少なくとも頭と腹部と足を燃やしたまま第1スタジオから逃走。息も絶え絶えな状態で民家に助けを求めてインターフォンを鳴らした。

・足からは炎と煙
しかし犯人は体力が尽きたのか、室内にいた女性がインターフォンに気が付いてドアを開けた時点で、すでに路上に仰向けの状態で倒れていたという。燃えた影響なのか頭髪はチリチリになっており、手は激しい火傷で皮がめくれており、足からは炎と煙が立ち上っていたという。つまり、犯人は燃えながら逃走したことになる。体が燃えている状態は暴れるほど苦しいと思われるが、重度の火傷により感覚が無くなっていたのかもしれない。

・身体的特徴として非常に重要な刺青
また、犯人は腹部に刺青(タトゥー)を入れていたとも報じられており、身体的特徴として非常に重要なポイントとなりそうだ。それが本物の刺青なのか、シール式の剥がせるタトゥーなのかは不明である。

・運転免許証を所持
犯人は火傷の範囲が広いため、容態が急変してもおかしくない状態とのこと。犯人は運転免許証を所持しており、そこから身元を調べるようだ。

もっと詳しく読む: 京都アニメーション放火事件の犯人の詳細が判明 / 足から炎を出しながら逃走「容態急変もありえる」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/07/18/kyoto-animation-fire-hannin-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧