【話題】京都アニメーション放火事件で確保された男の高画質画像をマスコミが公開

青葉真司


kyo-ani

2019年7月18日(木曜日)10時ごろ、京都市伏見区のアニメーション制作会社「京都アニメーション」が41歳の男によって放火されて33人が死亡した事件。確保された男は自身も火傷を負い、警察病院にて治療中といわれている。

・放火をしたと思われる男の高画質画像
令和時代でもっとも最悪な放火事件として、多くの人たちが怒りに震えているが、その放火をしたと思われる男の高画質画像を複数のマスコミが大々的に報じはじめ、多くの人たちが衝撃を隠せずにいる。

・ジーンズ姿でアスファルトの路上に倒れる
テレビ局各社やニュースメディアなどが男の高画質画像を公開。そこには、赤いシャツにジーンズ姿でアスファルトの路上に倒れている姿が写されている。全身が部分的に黒くなっており、炎によって焼けたり、煙を受けた可能性が高い。

kyoto-animation-fire-arson-case-news3


kyoto-animation-fire-arson-case-news5

・片方しか靴下を履かず
靴下はオーソドックスなタイプではなく、足の指がひとつひとつ入るタイプのもの。しかし片方しか靴下を履いておらず、放火の実行中か移動中に脱げてしまったのかもしれない。また、ジーンズの片方の裾が燃えたのか、中途半端にジーンズが短くなって素肌が見えている。

・筋肉というよりも体脂肪が多め
体系は肥満とはいえなくとも太めで、がっしりとした体格をしているが、筋肉というよりも体脂肪が多めに見える。この男はまだ逮捕に至っておらず、治療が進み、本人から事情を聴ける状態になってからの逮捕となると考えられる。

あまりにも悲惨なこの事件。多くのアニオタが事件現場の第1スタジオや、付近にあるアニメグッズショップを訪れ、店頭で歌をうたって追悼するなどしているという。

もっと詳しく読む: 京都アニメーション放火事件で確保された男の高画質画像をマスコミが公開(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/07/19/kyoto-animation-fire-houka-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧