台湾旅行で絶対に訪れるべき「士林夜市」の見どころ食べどころ!


5-1

台湾観光の一大見どころの一つが夜市。台北市内の至る所で大小さまざまな夜市が行われています。中でも士林夜市は、饒河街観光夜市とともに、台湾で最も有名な夜市です。ガイドブックなんかにも必ず載っていますね。

夜市は美味しいグルメを食べ歩いたり、珍しい雑貨やお土産が売られていたり、ちょっとしたゲームを楽しめたりと魅力がいっぱい。そのため、地元台湾の人たちや観光客でいつも賑わっています。ローカルを味わえるので「THE・台湾」を体感できます。夕方、日が落ち始める頃からぽつぽつとお店が開き始め、終電頃まで楽しむことができます。

・台湾屈指の夜市「士林夜市」
士林夜市は台北市最大の夜市で、主に二つのエリアに分けられます。一つは、傳統陽明戲院の周辺から、大南路沿いの慈誠宮一帯までの区域です。もう一つは、士林市場に位置する美食街です。

MRT「劍潭」駅の出口に面しているこの美食街の屋台は、ずらりと並び、びっくりするほど膨大なスケール!駅から出れば食欲も全開です。士林夜市特有の「大餅包小餅」や「大腸包小腸」「生炒花枝」「蚵仔煎」「士林大香腸」など、様々な台湾のローカルフードを味わうことが出来ます。

a
4
2
8

・フォトジェニックな台湾ソーセージ!
先ほども名前を出した「士林大香腸」。これは、士林夜市の屋台で売られている台湾ソーセージです。大体50元(158円)で売られており、日本のソーセージと比べてジューシーで甘めなのが特徴です。

お店によって個性がありますが、生のニンニク入れたり、様々なソースやハーブを挟んでいただくのが主流です。 米豚腸(もち米を豚の腸に詰めたもの)で包んだホットドックタイプもおすすめ。フォトジェニックなビジュアルで写真映えするので写真に撮るのをお忘れなく!

・絶対に欠かせないマンゴーかき氷
士林夜市のエリアにも店舗がある、台北で大人気のかき氷屋「思慕昔」は、台北市内でも屈指の人気スイーツ店です。台湾と言えば「マンゴーかき氷」が有名ですよね。思慕昔のかき氷は食べないと損とまで言われ、いつもお客さんで賑わっています。行列が絶えない思慕昔の人気マンゴーかき氷は士林夜市で絶対に抑えるべきマストグルメです。

7
6

・頼むべきおすすめメニュー1
思慕昔で絶対に食べないと損とも言える看板メニュー「手工鮮奶酪果雪花冰」は、日本語で「マンゴーと手作りパンナコッタ雪花氷」。値段は200NT$(日本円で約800円)と少しお高いですが、そのボリュームを見れば納得のお値段。マンゴーかき氷と、大きめにカットされているマンゴーの上に手作りのパンナコッタが乗っている人気No1の逸品です。パンナコッタは手作りなだけあり、まったりとした濃い味わいでミルキー感を楽しめます。

・頼むべきおすすめメニュー2
こちらも人気のあるスタンダードな看板メニュー「超級雪酪芒果雪花冰」は日本語では「スーパーフルーツミックスマンゴー雪花冰」。かき氷にマンゴーソースがかかっていて、たっぷりのマンゴー果肉と、かき氷の上にマンゴーのシャーベットがのっており、適度に練乳もかかっています。値段は210NT$。かなりのボリュームがあり2人でシェアしてもいいぐらいの分量があります。

思慕昔のかき氷はフレーク状態で少しマンゴーの味がしてフワッとした食感になっていて、口溶けもマイルドです。マンゴーは思ったよりも酸味はなく、マンゴーシャーベットも程よい甘さでマンゴーの味わいが濃く絶品です。

夜市は人も多く、少し治安が心配なところです。特に、日本人はお金持ちというイメージがあるので、スリやぼったくりなどには充分に注意しましょう。服装や持ち物はなるべく華美になりすぎないように!アクセスは、MRT(地下鉄)を利用するのが一番楽で便利です。

台北駅からだと約15分で到着し、運賃は20元(300円)。士林夜市に最寄りの「剣潭駅」を下車すると、表示案内や地図があちこちにあるので迷う心配はありません。ちなみに終電は24時頃なので、楽しみすぎて乗り遅れないように注意して楽しんでくださいね。

もっと詳しく読む: 台湾旅行で絶対に訪れるべき「士林夜市」の見どころ食べどころ!(Photrip フォトリップ)

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

お出かけ・旅行の新着記事一覧