【炎上】参院選で投票数を間違う重大なミス発覚 / 山田太郎の票をすべて間違えて山本太郎に集計


tohyo

2019年7月21日(日曜日)に投開票された参院選で、絶対にあってはならないミスが発覚したと報じられている。静岡県富士宮市選挙管理委員会が、比例代表の開票作業で、重大なミスをしてしまったという。「自民党」の山田太郎氏に対する票を「れいわ新選組」代表の山本太郎氏に誤って算入していたというのだ。

・あってはならない重大なミス
山田太郎氏と山本太郎氏は名前が一文字違いであり、読み間違いによって投票数が変化。あってはならない重大なミスが発生してしまった。市選管はこのミスを認めていると報じられており、事実ならば一大事と言える。

・山田太郎氏は0票
このミスが発覚したのは、静岡県選管による確定開票結果が発表されたため。山本太郎氏の得票数は1453票だったのに対し、山田太郎氏は0票だった。さすがに大きく数字がかけ離れており、考えにくい0票という数字に多くの人たちが衝撃を受けた。


・どのように投票数を修正するのか
インターネット上で投票した人たちから不安の声が上がっており、炎上状態となっている。今後、どのように投票数を修正していくのか、静岡県富士宮市選挙管理委員会(または富士宮市)が記者会見に発表していくという。

・今後の対応に注目が集まる
投票集計は1票たりとも間違ってはならない重要な作業。そうであるにもかかわらず、さすがに総数0票というのは失礼な間違いともいえるため、今後の対応に注目が集まっている。

もっと詳しく読む: 参院選で投票数を間違う重大なミス発覚 / 山田太郎の票をすべて間違えて山本太郎に集計(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/07/23/yamada-yamamoto-news/

※冒頭画像はイメージです

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧