【炎上】津田大介と大村知事が日本人を侮辱する写真載せてると怒り / 高須クリニック院長「このサインは日本人への挑戦だと僕は理解」

あいちトリエンナーレ


image01

2019年8月1日(木曜日)からスタートした話題の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」が炎上している。あいちトリエンナーレ のコーナーとして「表現の不自由展」というブースが設けられ、そこに天皇写真を燃やす映像や、慰安婦像が展示されたためである。

・ひっきりなしにクレームの電話
津田大介先生(45歳)が芸術監督として就任し注目を集めた今回のイベントだが、来場者だけでなく、インターネット上で多くの人たちが激怒し、悲しみを訴えた。そして あいちトリエンナーレ の運営局にはひっきりなしにクレームの電話がかかってきているらしく、なかにはテロ行為や脅迫めいた発言もあったという。

・あいちトリエンナーレ 自体は継続
そんな状況を懸念した津田大介先生や運営局は、表現の不自由展 の継続を断念。正式に 表現の不自由展 を中止すると発表した。展示物を撤去するのは 表現の不自由展 だけであり、あいちトリエンナーレ 自体は継続して開催していく。

・日本人を侮辱する表現か
そんななか、また新たな怒りの声が噴出し、拡散している。津田大介先生や愛知県の大村秀章知事らが「あいちトリエンナーレのマーク」として指でポーズをとっている写真をTwitter等に掲載しているのだが、複数の人たちから「日本人を侮辱する表現だ」と、猛烈なバッシングの声が上がっているのである。

・高須クリニック院長も指ポーズに言及
津田大介先生や大村秀章知事らが意図して日本人を侮辱しているのかどうかは不明だが、事実として不快感をあらわにしている人たちが複数おり、高須クリニック院長の高須克弥さん(74歳)も「このサインは日本人への挑戦だと僕は理解してるんだが」とコメントしている。

・「知らなかった」では済まされないレベル
高須院長は「もしかしたら大村知事は何にもご存知ないのかな?」と発言しているように、津田大介先生も大村秀章知事も指ポーズの意味を知らずにやっている可能性がある。しかしながら「知らなかった」では済まされないレベルで炎上している。

・「ポーズの撤回」と「ポーズの変更」
おそらくこの騒動は謝罪後に「ポーズの撤回」と「ポーズの変更」をするしかないのではないかと思われる。もちろん日本人を馬鹿にする意図があった場合は別だが、そうではないと信じたいところである。

もっと詳しく読む: 津田大介と大村知事が日本人を侮辱する写真掲載か / 高須クリニック院長「このサインは日本人への挑戦だと僕は理解」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/08/04/aichitriennale-giwaku-news/

※冒頭画像はイメージです

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧