【異国グルメ】インドの吉野家でカレーを食べてみた結果


india-yoshinoya-bowl-guys4

インドにココイチがオープンすると話題になっていますが、実は吉野家がすでにインド進出していて、しっかりとした本物の和風カレーを食べることができます。海外のニセ和食ではないカレーが食べられるのです。

・日本のカレーは和食
カレーの発祥はインド、発展はイギリス、そして日本で独自の地位を確立し、いまや日本のカレーは和食と言っても過言ではないほどの存在になっています。そんな和風カレーをインドの吉野家で食べられるのです。

・吉野家の「牛の角マーク」はありません
インドの吉野家は吉野家という名称で営業していません。「BOWL GUYS」(ボウルガイズ)です。インドでは宗教上の理由から牛が神聖な生き物として扱われており「食べるなんて御法度!」という思想の人が多いためか、吉野家の「牛の角マーク」はありませんし、牛丼もありません。

yoshinoya-bowl-guys3
india-yoshinoya-bowl-guys7
india-yoshinoya-bowl-guys8
india-yoshinoya-bowl-guys9
india-yoshinoya-bowl-guys5

・店内はとても清潔です
インドの街並みに対して雑多でワイルドなイメージがありますが、BOWL GUYS がテナントとして入っているニューデリーの商業ビル「JMD Megapolis」はとても新しくてキレイ。BOWL GUYS の店内も掃除が行き届いていて、とても清潔だと感じました。さすが日本企業です。

・自分好みの丼料理を作れる
店名のとおり、ボウル料理(丼料理)がメインのようす。好きな具材を選んで、自分好みの丼料理を作っていきます。これはなかなか楽しい! 好きな具だけをメインに入れてもらい、好きな味付けをしてもらい、苦手な食材を入れないことも可能です。みそ汁や納豆(なんと吉野家がインドで作っている納豆!)もありますし、タピオカミルクティーもあります。吉野家のタピオカミルクティーですよ。激レアです(笑)。

・レジカウンターでカツカレーを注文
インドに来て和風カレーを食べる行為に「何やってるんだ感」がありますが、レジカウンターでカツカレーを注文。注文を受けてから揚げているのか、やや時間はかかったもののカリカリサクサクで熱々なカツが盛られたカツカレーがテーブルにやってきました。

india-yoshinoya-bowl-guys6
india-yoshinoya-bowl-guys4
india-yoshinoya-bowl-guys
india-yoshinoya-bowl-guys2
india-yoshinoya-bowl-guys1
yoshinoya-bowl-guys

・しっかり日本式トンカツ
見ためも、香りも、まさに日本のカツカレー。日本米ではないようですが、カレー自体がガチでジャパンテイストなので、まったく違和感なく美味しく食べられました。ここのカレーは日本米じゃなくてもしっかり美味しく食べられる。インド人に受け入れられるにはかなり重要なポイント! ちなみにカツも美味で、しっかり日本式カツだと感じました。

・インドで日本式カレーの覇権を握れるのか
インドカレーと日本のカレーはまったくの別物と言っても良いかもしれませんが、インド人が吉野家のカレーを食べたら、美味しすぎてきっとビックリするはずです。吉野家はインドで日本式カレーの覇権を握ることができるのか? この先生きのこることはできるのか? 今後も注目したいと思います。

もっと詳しく読む: インドの吉野家でカレーを食べてみたのだが! インド人もビックリする味(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2019/08/07/india-yoshinoya-bowl-guys/

<協力>
ミスタークドウ: TVチャンピオン「焼肉王選手権」「デカ盛り王選手権」に出場し、どちらも準優勝に輝く。日清公認のどん兵衛士の称号を得ており、どん兵衛とラーメン二郎要素を融合させた「どん二郎」のネーミングやレシピを考案。空条海苔助の名義で「世にも微妙なグルメレストラン」「彦龍のノリヒコさん」などを出版し、B級グルメ研究家として絶大な支持を得ている。また、昭和的な「個人経営の焼肉屋」をめぐる旅をしている。

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

すごいグルメの新着記事一覧