【議論】日本で嫌がらせを受け続けた韓国料理店の店主 / ついに耐えきれず帰国「酷い事した人たち勝てて良かったね」


gohan

世界情勢に疎(うと)い人たちでも、さすがに日韓関係が悪化している事は知っているはず。

そんななか、日本で韓国料理店を経営している韓国人店主が、嫌がらせに耐え切れず帰国を決定。その店主と交流があった男性が「彼に酷いことした人達、勝ててよかったね だけどそれで何を得たの?」と、悲しみをインターネット上で吐露し、大きな注目が集まっている。事実ならば、怒りを通り越して釈然としない気持ちとなる。

・韓国料理店に通っていた男性
その悲しみをTwitterに書き込みしたのは、ニックネーム「BYRD」さん。彼は韓国人店主の韓国料理店に通っていたらしく交流があったようだ。そんなふたりの関係と、韓国人店主の今後について、BYRDさんは以下のように語っている。

・BYRDさんのコメント(引用)
「通ってた韓国料理屋、韓国人のおっちゃんがお店を閉めて韓国へ帰るらしく最後にご馳走してくれていつもお店に飾ってあったこれをくれた なぜ帰るのか訊ねると日韓情勢が悪くなる度に嫌がらせを受けてもう耐えられなくなったとのこと 彼に酷いことした人達、勝ててよかったね だけどそれで何を得たの?」


・非常に卑劣で卑怯な私刑を実行
日本と韓国の問題は、多くの人たちが楽観視していない。そして「どちらの国が悪いか」で毎日のように議論が繰り返されている。しかし今回の問題は、決して「どちらの国が悪いか」の問題ではない。これは「人が人に嫌がらせをする」という、非常に卑劣で卑怯な私刑を実行する者がいるということが問題であり、幼稚で稚拙な行為に悲しみを覚える。

・国ではなくひとりの人として
このエピソードが事実であれば、日本においてこのような卑劣な行為がいまだに続けられていることを知り、悲観する人は少なくないはずだ。国ではなくひとりの人として、人と触れ合っていきたいものである。

もっと詳しく読む: 日本で嫌がらせを受け続けた韓国料理店の店主 / ついに耐えきれず帰国「酷い事した人たち勝てて良かったね」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/09/24/korean-restaurant-suffering-news/

※写真はイメージです

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧