【動画公開】小倉美咲ちゃん行方不明で夜間ドローンが活躍 / 熱源を感知して捜索協力

赤外線カメラで複数の熱源が確認


image-drone

山梨県道志村のキャンプ場で、神隠しともいうべき出来事が発生した。2019年9月21日(土)夕方から、小倉美咲ちゃん(9歳)が忽然と姿を消し、行方不明となっているのだ。

・ボランティア協力した際のドローン映像
そんななか、情報技術に長けている大学教員の武田圭史氏が、非常に興味深い動画を公開した。武田圭史氏が慶應義塾大学武田圭史研究室捜索救難研究チームとして、小倉美咲ちゃん捜索にボランティア協力した際のドローン映像を公開し、多くの人たちが視聴している。

・熱源がある場所だけ黄色く表示
このドローンの映像は日没後、日の出前に空撮したもので、カメラも通常のものではなく、赤外線カメラで地上を撮影。実際に動画を見てみると、熱源がある場所だけ黄色く表示され、そこに生物がいることがわかるものになっている。

・複数の熱源が確認
赤外線カメラを当い↓ドローンが撮影した山の中には、複数の熱源が確認された。しかも動いている事から。生物である可能性が極めて高い。熱源を確認したのち捜索したところ、熱源は鹿などの動物であることが判明したようだ。

・くっきりと「そこに何かがいる」
しかしながら、人間がいれば黄色く表示され、くっきりと「そこに何かがいる」ということがわかるこの技術。もう少し警察側が早く導入していればと思ってしまうが、武田圭史氏の活躍により、今後の捜査に大きく寄与するのは間違いないだろう。

小倉美咲ちゃんの無事を願ってやまない。そして、些細な事でも気が付いたことがあれば、情報として警察に伝えてほしい。

もっと詳しく読む: 小倉美咲ちゃん行方不明で夜間ドローンが活躍 / 熱源を感知して捜索協力(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/10/08/try-to-solve-with-drone-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧