セブン限定「なると金時の洋風芋ようかん」が神がかった美味しさ! もはや芋スイーツ最高峰

コンビニ


imo4

セブンイレブンで2019年9月24日(火)より発売された「なると金時の洋風芋ようかん」。ネット上では早くも、「この世で1番うまい」と話題になっているほど。洋風な芋ようかん、どんなものなのか気になりますよね。

・秋の訪れを感じられる「なると金時の洋風芋ようかん」
秋といえばさつまいもスイーツですよね!「なると金時の洋風芋ようかん」は、なると金時を使った秋を存分に感じることができる洋風芋ようかんです。クリーミーな口あたりで風味豊かで自然な甘味があるなると金時に、生クリームと砂糖を加えて練り上げているので洋風な味わいがようかんにプラスされています。




・滑らかで心地よい口あたり
ようかんと銘打っていますが、スイートポテトや芋きんとんに近い印象です。口あたりはしっとりしていて、舌で押すだけで簡単に崩れてしまうような心地よいやわらかさです。生クリームのおかげでまろやかでクリーミーな後味があり、思わずコーヒーが飲みたくなります。さすが洋風。

・冷やして、温めて、2度美味しい
冷やして食べるとしっとりとしていますが、温めるとホクホクと芋感が強まります。袋を少し切って、電子レンジで加熱すると、なると金時のあま〜い香りが立ちのぼり、芋の甘味もいっそう強く感じられます。半分は冷えたまま、もう半分は温めて、異なる口あたりで2度美味しい贅沢スイーツです。ちなみに、温めすぎてドロドロになってしまった場合には、パンに塗って食べるのもおすすめです♪


そのまま食べても温めても美味しく、アレンジも効く神がかった美味しさの「なると金時の洋風芋ようかん」。品薄状態の店舗も多いようです。見かけたらぜひお試しください。

執筆:コンビニ×コンビニ

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

すごいグルメの新着記事一覧