【話題】小島秀夫氏のデス・ストランディング / ゲームは好評だが「デスUberEATS」との声も

デスウーバーイーツ


death-stranding

メタルギアソリッドシリーズで世界中のゲームファンを魅了したゲームクリエイター小島秀夫氏(56歳)がコナミから独立し、コジマプロダクションを設立。そしてPS4最新作として「デス・ストランディング」を発売し、たくさんの人たちから歓喜の声が出ている。

・長距離移動を時間をかけてこなす
ゲームの評価としてはSNS等を調べたかぎり、おおむね好評のようだ。しかし厳しい意見も出ており、賛否両論ともいえる状況である。「移動がつらい」「物を運ぶだけのゲーム」「イメージした内容と違った」という声が多いようである。確かに物を運ぶゲームであり、長距離移動を時間をかけてこなさなくてはならない。

・一部の人からは「デスUberEATS」
物を運ぶことがメインのゲームであることから、一部の人からは「デスUberEATS」などの声も出ている。料理を運ぶ Uber EATS で働いているようだと言うのだ。確かに物を運ぶゲームだし、背中に四角いバックパックを背負って移動する姿は料理配達サービスのスタッフに似ていなくもない。

・値段が落ちるのは先になりそう
そんな声がありつつも、ジワジワ面白さがにじみ出てくる「スルメのような魅力あるゲーム」として高く評価している人も少なくなく、Amazonでは値段が落ちることなく低下に近い価格で販売が続けられている。値段が落ちるのは先になりそうなので、今のうちに買うべきかもしれない。

・彼が紡ぐ世界を楽しむ
メタルギアをイメージして購入した人は内容の違いに大きく驚くかもしれないが、小島秀夫氏のファンであれば、彼が紡ぐ世界を楽しむことはできるはずだし、買って損はない……はずだ! たぶん。


もっと詳しく読む: 小島秀夫氏のデス・ストランディング / ゲームは好評だが「デスUberEATS」との声も(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/11/12/death-stranding-uber-eats-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ゲームの新着記事一覧