【話題】逮捕された沢尻エリカ容疑者の合成麻薬MDMAメチレンジオキシメタンフェタミンがヤバイ

沢尻エリカ容疑者


erika-sawajiri

沢尻エリカ容疑者(33歳)が、麻薬取締法違反の疑いで、警視庁の組織犯罪対策課に逮捕された件が物議を醸している。沢尻エリカ容疑者が所持していたとされる合成麻薬MDMAはあまりにも危険な薬物であり、摂取により命を落とす可能性があるからだ。

・MDMAを所持してたことを認めている
組織犯罪対策課は沢尻エリカ容疑者の自宅にて、合成麻薬MDMAを発見。沢尻エリカ容疑者はMDMAを所持してたことを認めているといわれているが、この事件、沢尻エリカ容疑者が逮捕されるだけでは済まされない。

・命を落とすこともある
MDMAは正式名称を「メチレンジオキシメタンフェタミン」といい、摂取することで強烈な多幸感が生まれると言われている。しかし非常に危険な合成麻薬であり、摂取により危篤状態に陥ったり、場合によっては命を落とすこともあると言われている。

・MDMAは特に危ないもの
そもそも麻薬の摂取は日本で決して許されない違法行為だが、危険な麻薬のなかでもMDMAは特に危ないものとして知られており、絶対に摂取するべきではない。また、薬や食品などの食べ合わせによって命の危険に繋がりかねないという。

・ハイパーメディアクリエイターの高城剛
沢尻エリカ容疑者は、ハイパーメディアクリエイターの高城剛(55歳)と結婚していた時期もあったが、数年でスピード離婚。彼女の波乱の人生は、今回の逮捕によってさらに波乱を呼ぶ大嵐になるのは間違いない。


もっと詳しく読む: 逮捕された沢尻エリカ容疑者の合成麻薬MDMA「メチレンジオキシメタンフェタミン」がヤバイ(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/11/16/erika-sawajiri-mayaku-mdma-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

芸能ニュースの新着記事一覧