【話題】手のひらサイズの通訳デバイスLangogoが日本進出! 仕事でも旅でも心強い相棒!?

Langogo


lgg_15

・あっという間に翻訳される! デモンストレーションを兼ねたご挨拶
2019年11月21日(木)に、Langogo Technology Co., LTD(以下、Langogo社)と株式会社パルスによる合同発表会が、神田明神ホールで行われました。

まずは、Langogo社 代表取締役CEOの張岩(チョウ ガン)氏による中国語の挨拶が行われました。あらかじめWEBサイトのURLが周知されており、会場に集まった記者たちは、WEBページ上でLangogo社の翻訳デバイスを使用した自動文字起こし機能を体験しました。張氏の話す中国語がディスプレイ上にテキスト化して表示されると同時に、またたく間に日本語の文章もテキスト化されていきます。

lgg_02
lgg_01

・人と国をつなぐ架け橋に
2018年に7人でスタートしたLangogo社の社員は、現在47名。さらに成長途中だそう。半数以上がエンジニア、そして17の特許を持っているという技術力が、同社の強みです。2018年には6月には音声と文字起こしに同時対応するAI音声翻訳機「Genesis」をリリース。

lgg_18

販売が安定した後に、文字起こし対応の「Minutes」をリリースしています。

lgg_17

そして、2020年初頭には、フラッグシップモデル「Summit」とシェアリング専用の「Share」を発売予定。凄まじいスピード感で、プロダクトが開発されていることがわかります。

lgg_16
lgg_13

・言語の壁を超えて、世界中の人とコミュニケーションしたい!
この便利で魅力的なプロダクトの開発にあたっては、張氏の個人的な経験がキッカケになったそう。4年前、日本を旅行したときに、地下鉄を乗り間違えてしまったそう。周りの人々が丁寧に案内してくれたものの、張さんは、その親切な人々が、何を言っているのか理解できなかったとか。そのとき、「異なる言語の人とコミュニケーションを取りたい」と思ったことから、Langogo社を設立したということでした。

lgg_04

・Langogo社プロダクトの3つの強み
続いて、プロダクトの説明がありました。現在ラインナップされている全4機種は、「104の言語に対応」「高精度・ハイスピード」「多様なシーン対応するユーザビリティ」が強みだそう。

・サーバを世界4拠点に設置、24の翻訳エンジンと連携
104もの言語をカバーするにあたって、24の翻訳エンジンと連携。一般に、翻訳デバイスには「話す/訳す/伝える」という3つの段階がありますが、Langogo社のデバイスでは、3段階それぞれに最適なAI言語サーバを使用しています。それぞれのAI言語サーバの得意な部分を使用することで、高精度の翻訳ができるようになっています。

lgg_05
lgg_10

また、中国(香港)、日本、アメリカ、フランスに自社サーバを設置しており、デバイス使用時に、最も近いサーバに繋がるため、ハイスピードの翻訳を実現しています。

・ユーザビリティ抜群で、ビジネスと旅の心強い相棒に
さらに、「英語から日本語」「日本語から英語」といったように、入力言語と出力言語を切り替える必要がなく、ボタンひとつで双方向の翻訳が行えるという業界唯一の、簡単な使用方法が魅力。子供からお年寄りまで使うことができます。

lgg_11

そして、4Gモバイル通信機能に対応したeSIM(*Langogo指定データ通信プランの契約が必要)を搭載しているため、最大5台まで繋がるWi-Fiルータとしても使用可能に。出張、旅行時の荷物削減にも繋がります。

lgg_06

・日本の流通各社での販売・レンタルの取り扱いを開始!
続いて、Langogo社製品の日本国内正規総代理店、株式会社パルス 代表取締役社長の黒瀬一仙氏より、日本での導入事例や今後の展開についても説明がありました。

lgg_08

・各企業の利用例と今後の展開
株式会社セコムでは、先日行われたスポーツイベントでの手荷物検査時に、実際に使用したそう。また京都の「京都平安ホテル」とレストラン「はふう」でも接客時に導入しているそうです。さらに、株式会社ビジョンの「NINJA WiFi powered by GROBAL WiFI」では、12月より、オプションとして借りることのできる通訳機器のラインナップにLangogoが加わる予定。そして、これまで通販やAmazonでの販売だった「Minutes」「Genesis」がLAOX株式会社の各店舗で12月1日(日)より店頭販売を開始予定。

ビジネスの現場でも有効なLangogoプロダクトですが、特に2020年東京オリンピックに向けて、インバウンド需要のためにも外国語対応は不可避の問題です。それぞれのニーズによって、機種を選ぶことができるのも魅力です。

lgg_09
lgg_07

・オトクな情報をゲット!
なんと、店頭販売される「Genesis」は、日本進出記念サービスで、2万台限定で「3年間国内・海外通信費が無料」になる(通常2年間無料)という嬉しいお知らせがありました。

ビジネスでの外国語に自信がない、これから海外旅行に行く予定のある方はチェックしてみると良いかもしれませんね。

lgg_14

もっと詳しく読む: 手のひらサイズの通訳デバイスLangogoが日本進出! 仕事でも旅でも心強い相棒!?(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/11/25/langogo-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

グッズ・アプリの新着記事一覧