九州産の手作り唐辛子が超ヤバイみたい / ギネス登録の激辛唐辛子を販売「キャロライナリーパー」

激辛グルメ


image3

激辛グルメが大好きな人たちに朗報だ。九州産の手作り唐辛子が、悪魔的な辛さだと話題になりつつある。その唐辛子はキャロライナリーパーと呼ばれており、商品名を「大魔王」として販売されている。

・世界最高レベルの辛さ
このキャロライナリーパーは激辛好きには有名な唐辛子で、世界最高レベルの辛さとしてギネス登録されている。あまりにも辛すぎるため、摂取量や人によっては健康被害を受けることもあると言われている。

・激辛は「激しい痛み」か
辛さは痛みの一種といわれているが、それが事実ならば激辛は「激しい痛み」ということになる。このキャロライナリーパーを使用した「大魔王」は福岡県北九州市の企業「辛蔵」がインターネット販売しており、以下のように説明している。

image2

・大魔王に対する説明
「キャロライナ・リーパーは2013年にギネスで辛さ世界一に認定された唐辛子です。唐辛子の辛さを測る単位スコヴィル値が約300万スコヴィルに達し、トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラーのスコヴィル値146万3700をはるかに上回っています。防護服なしでは調理できないほどの辛さと言われている辛み。勇気のある方はぜひお試しください」

・安易な摂取はやめよう
子どもや年配者、辛さに弱い人や、健康状態が良くない人など、少しでも不安がある人は摂取しないほうが良いだろう。たとえ冗談だったりネタだったりテンションが上がっていたとしても、安易な摂取はオススメできないし、しっかり準備してから摂取するかどうか判断したい。

もっと詳しく読む: 九州産の手作り唐辛子が超ヤバイみたい / ギネス登録の激辛唐辛子を販売「キャロライナリーパー」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/12/02/gekikara-carolina-reaper-news/

Photo: 辛蔵より引用

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

すごいグルメの新着記事一覧