【訃報】アフガニスタンで撃たれた中村哲医師が他界 / 移動中に銃撃「貧困層へ医療活動に取り組む」


doctor-dies-in-afghanistan-news

アフガニスタンで医療活動をしていた日本人医師の中村哲さん(73歳)が、現地で移動中に銃撃をうけ、命を落としたことが判明した。

中村哲医師が銃撃をうけたのは、2019年12月4日のこと。中村哲医師はアフガニスタン東部で医療活動などの支援を行う非政府組織「ペシャワール会」代表として活躍していた。

銃撃をうけた際、中村哲医師にはボディーガードと運転手らが同行していたが、撃たれて命を落としたという。中村哲医師は病院に搬送されたものの、その後、命を落とした。

中村哲医師はアフガニスタンをメインに医療活動で貧困層を助けてきた。また、医療だけでなくさまざまな分野において救いの手を差し伸べており、アフガニスタン政府から勲章を受けるほどの功績を残していた。

どうして中村哲医師が撃たれなくてはならなかったのか非常に理解に苦しむ。多くの人たちが、中村哲医師が亡くなったことを嘆き悲しんでいる。

もっと詳しく読む: アフガニスタンで撃たれた中村哲医師が他界 / 移動中に銃撃「貧困層へ医療活動に取り組む」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/12/04/doctor-dies-in-afghanistan-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧