【緊急事態】福岡上空で飛行機エンジンが爆発音とともに出火 / 噴煙とともにエマージェンシー

ANA246便


shukka

あまりにも恐ろしい出来事が発生した。2019年12月19日9:50ごろ、福岡空港の上空あたりで全日空の飛行機が、突如として爆発音とともにエンジンが出火。緊急事態となり多くの乗客が恐ろしい状況に緊張した。

・出火を目視で確認
乗客によれば、飛行中にあまりにも大きな爆発音が発生したという。地上にもとどろいた恐ろしい爆発音は、歩行者らを飛行機にくぎ付けにしたようだ。そして、エンジンから出火しているのを目視で確認できたとのこと。

・福岡空港に緊急着陸
エンジンから爆発音とともに出火した全日空の飛行機はANA246便で、ボーイング767-300型機。福岡空港から羽田空港に向かっていたが、引き返すかたちで福岡空港に緊急着陸した。乗客や乗務員たちの命が無事だったことがなにより幸運といえる。


・地上にいた歩行者らに撮影される
飛行機は離陸から15秒後に爆発音とともに出火しており、出火しながら飛行する飛行機のようすが、地上にいた歩行者らに撮影されている。確かに、オレンジ色の炎を吹き出しながら飛んでいるようだ。

・エンジンの不具合の可能性
現在のところ原因は不明だが、エンジンに鳥などが突っ込むバードストライク可能性もあるし、エンジンの不具合の可能性もあるという。どちらにしても、安全に飛行できるよう、徹底欲しいものである。

もっと詳しく読む: 福岡上空で飛行機が爆音とともに出火 / 噴煙とともにエマージェンシー(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/12/21/airplane-engine-in-an-emergency/