ニューヨークに行く100の理由 / その1: ピータールーガーステーキハウスがあるから

ブルックリンのステーキ


peter-luger-steak-house4

ニューヨーク(マンハッタン)に行ったことがない人に、ニューヨークの良さを教えるときは「テーマパークに住んでいるかのような街」と説明するようにしています。そこにいるだけで楽しい街がニューヨーク。

そんなニューヨークに行く理由のひとつが、ステーキ専門店の「ピータールーガーステーキハウス」。電話対応は最悪ですが、その味はビックリするほど絶品。徹底的に管理されたエイジングビーフを一気に焼き上げ、表面をカリカリザクザクでクリスピーに仕上げています。

ny
peter-luger-steak-house7
peter-luger-steak-house3
peter-luger-steak-house4
peter-luger-steak-house5
peter-luger-steak-house6
peter-luger-steak-house1

その表面から立ち昇る湯気には、エイジングビーフだからこそ感じることができる芳醇な香ばしさ含みます。ステーキソースをかけて食べても良いのですが、初めて食べるのであれば塩と胡椒だけで食べてほしいところ。もっとも肉の旨味を楽しめる食べ方といえます。

肉から溢れ出たエキス(脂)をスプーンでたっぷりとステーキにかけて食べるのが、さらに美味しく食べるコツ。シメにチョコレートパフェを食べれば、この店の魅力を最大まで楽しむことができるはず。場所はマンハッタンからブルックリン橋を渡ってすぐにあります。

もっと詳しく読む: ニューヨークに行く100の理由 / その1: ピータールーガーステーキハウスがあるから(東京メインディッシュ) http://main-dish.com/2020/01/03/peter-luger-steak-house/