【悲報】大阪地震でコンビニの買占め始まる / 譲り合い考えず水や食品を買占めか「自分だけ良ければいいのか」


convini-osaka-earthquake

2018年6月18日午前7時58分に突如として猛威を振るった、大阪府北部が震源地の大阪地震(大阪大震災)。マグニチュード6.1の震度6弱というパワフルなエネルギーで、人々を襲い、現時点で3人が死亡するという痛ましい事態となっている。

・複数のコンビニ買占め報告
そんな状況のなか、一部のコンビニエンスストアからドリンクや食品が買い占められ、完売状態になっていることが判明。複数のコンビニ買占め報告がインターネット上で確認されており、物議をかもしている。

・東日本大震災の際も買占め
コンビニ商品の買占めは、東日本大震災の際も発生し、数週間もドリンクや食品が不足するという事態に陥っていた。なかには「東京人はこれだから嫌だ」「東京は自分のことしか考えてない」「トンキン(笑)」「トトトトトトトト、トンキーーーーン!」などと東京都の住民を揶揄(やゆ)する声があがっていた。

・譲り合うという気持ちが大切
今回の大阪地震でも、以前の震災と同様にコンビニ買占めが発生しているようだ。人間は危機的状態になると自分のみを守るため、今回のような買占めに走ってしまうのかもしれない。「自分だけ良ければいいのか」との声もあがっており、分け合う、助け合う、譲り合うという気持ちが大切とする考えも出ている。

・地震によりコンビに商品が納品されない
とはいえ、東日本大震災のときほど買占めは酷くなく、コンビニ商品の消滅は「買占め横行」だけが原因ではないようだ。地震によりコンビに商品が納品されないパターンや、酒やスナックは残っているパターンもあるようである。

・酸欠で倒れた女性
また、インターネット上には複数の「スマホ撮影された地震発生時の動画」が掲載されており、そこには地獄のようなようすが映されている。また、満員電車に2時間以上も閉じ込められ酸欠で倒れた女性もいたようだ。

・洪水のように道路に噴き出す水
さらに、水道管が大爆発を起こして破裂し、洪水のように道路に噴き出しているなかクルマが通過していく危険な動画も掲載され、物議をかもしている。

【続報】
【炎上】プールのブロック塀が倒壊して死亡した9歳女児 / 天災ではなく人災だったことが判明「失わないで済む命だった」

もっと詳しく読む: 大阪地震でコンビニの買占めが始まる / 譲り合い考えず水や食品を買占めか(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2018/06/18/kaishime-osaka-earthquake/