【豆知識】伯方の塩の原産地は日本じゃなくてメキシコやで! とドヤ顔で言う人いるけど原産地は日本です

は! か! た!の! しお!


hakata-no-shio

美味しい料理を作るときに欠かせないのがお塩です。最近はスイーツにも塩を入れる流れが出来てますし、何にでも使える万能な食材、それがお塩です。特に有名なお塩のブランドといえば伯方塩業株式会社の「伯方の塩」ですよね。

・メキシコの原産やで
この伯方の塩ですが、どこで作っているのか皆さんはご存じですか? 「博多で作ってる?」などと言っている人もいますが、なかには「メキシコの原産やで」「オーストラリアが原産地だお!」と言っている人もいます。

・伯方の塩は日本が原産地です
確かに伯方の塩はメキシコやオーストラリアから運ばれたお塩を使用しています。そのため、皆さんのなかにも「伯方の塩はメキシコが原産地なんだよな。知ってたぜ」と思っている人は少なからずいることでしょう。しかし、伯方の塩は日本が原産地です。その理由を伯方塩業株式会社は以下のように解説しています。

・伯方の塩の原産地に関する解説
「伯方の塩は法律上、国産の加工品です。当社では清潔で安心・安全な塩をつくるために、輸入した天日塩田塩を日本の海水で溶かしてゴミや泥を取り除いて原料とし、再結晶させて伯方の塩をつくっています。つまり、メキシコまたはオーストラリアでつくられた「塩」という結晶を日本で「かん水(濃い塩水)」という状態に戻した後、再び「塩」につくり直しているのです。農林水産省のガイドラインには「その商品の内容について実質的な変更をもたらす行為が行われた国内の地域が原産地となります」とあることから、原産地は日本ということになります」

・法的には日本が原産地といえる
確かにメキシコやオーストラリアからお塩を運んで使用しているものの、日本国内でさまざまな工程を経ているため、法的には日本が原産地といえるのです。伯方の塩は日本のお塩なんですね。


もっと詳しく読む: 伯方の塩の原産地は日本じゃなくてメキシコやで! とドヤ顔で言う人いるけど原産地は日本です(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2019/12/17/hakata-no-shio-japan-news/