【感動】病院に運ばれる飼主に寄り添って泣き続ける犬 / 飼主の命の危険を悟ったか


wanko

犬の飼い主に緊急事態が発生し、担架に乗せられて救急搬送されようとしています。その場から十数メートル離れた場所にいる犬は、飼い主のほうに悲しげながら強く吠えています。おそらく、飼い主が危険な状態であることを知っており、気が気ではないのでしょう。

・飼い主を覆うように抱きつく
犬は他の人に抑えられていまたしが、犬は我慢できずに走り出し、飼い主が乗せられている担架に寄り添います。寄添うというより、飼い主を覆うように抱きついて離れようとしません。

・お互いは強い絆で結ばれた家族
書いた詩は意識があるようで、犬をギュッと強く抱きしめます。犬にとって、そして飼い主にとって、お互いは強い絆で結ばれた家族。犬は飼い主の命の危険を感じ、寄り添っていたいと思ったのでしょう。

・犬によって交通事故から救われた人もいる
犬に限らず、人に買われている動物が人を助けようとすることが多々あります。犬によって交通事故にならずに済んだ人もいると言われています。犬は自身の命をかけて飼い主を守ることがあるようです。

・飼い主に対て愛情をあらわにした結果
今回は飼い主が危険な状態であることを悟り、嘆き悲しんだ犬が、飼い主に対て愛情をあらわにした結果なのでしょう。

もっと詳しく読む: 病院に運ばれる飼主に寄り添って泣き続ける犬 / 飼主の命の危険を悟ったか(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2019/12/20/kainushi-inu-kazoku-news/