スターウォーズのパルパティーンの父親が判明 / コシンガ・パルパティーン「アミダラと同じ星の生まれ」


star-wars-the-last-jedi

映画「スターウォーズ」シリーズでもっとも凶悪かつ強大な存在といえばパルパティーンだ。本名はシーヴ・パルパティーンで、シスの暗黒卿としてはダース・シディアスと呼ばれている。

そんなパルパティーンは多くのジェダイの命を奪い、そして多くの星や生命を破壊してきた。しかしながら、もともとはアミダラ女王と同じ惑星ナブーの出身で、種族としては普通の人間だった。

そんなパルパティーンの父親はコシンガ・パルパティーンで、長男として惑星ナブーで誕生した。その後、パルパティーンはダース・プレイガスを師匠としてダークサイドの力を高めていき、最終的にパルパティーンは師匠であるダース・プレイガスの命を奪い、頂点に立った。

また、パルパティーンは父親であるコシンガ・パルパティーンの命をも奪いたい衝動に駆られていた事が判明している。つまり、骨の髄まで悪なる存在だったのだ。

もっと詳しく読む: スターウォーズのパルパティーンの父親が判明 / コシンガ・パルパティーン「アミダラと同じ星の生まれ」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/01/05/palpatines-father-in-star-wars/