【炎上】レストラン客がアナフィラキシー症状 / アレルギー表記せず海老使用か「ホテルが公式コメント発表予定」

SPA & HOTEL舞浜ユーラシア


image

ホテル内のレストランにて中華丼を食べたところ、アレルギー食材の海老が入っていたためアナフィラキシー症状が出たとして、インターネット上で炎上している件で、新たな展開があった。このトラブルに関して、ホテル側が公式コメント発表の準備に入ったことが取材により判明した。

・事実ならばホテル対応はひどすぎる
このトラブルは、客がツイッターで出来事を暴露したため、多くの人たちが知ることになった。中華丼を食べたところアナフィラキシー症状が出たうえに、ホテル側の対応があまりにも酷すぎたため、ツイッターでトラブルを暴露ようだ。

・客「アナフィラキシー症状が出た」
問題が発生したとされるのは、「SPA & HOTEL舞浜ユーラシア」の5階にあるレストラン。メニューにはアレルギー食材の有無が書かれており、中華丼に海老の表記がなかったため、安心して中華丼を注文。しかし実際には海老が使用されており、客はアナフィラキシー症状が出たため、タクシーで病院へ向かったという。

・中華丼には海老が3匹入っております!!
海老を食べてしまったため、客はホテルのレストランの支配人に対して、海老が入っていた事を伝えたという。すると支配人は「貴重な意見をありがとうございます! 中華丼には海老が3匹入っております!!」と笑顔で返答したとのこと。

・事実ならば非常に危険
そんなホテルのレストランの対応に対して客は「私の体調を気遣う言葉も無く、治療費すら返ってくるかわからない」と嘆いている。このトラブルが事実であれば、アレルギー体質の人たちにとって、非常に危険な出来事なのは言うまでもない。以下は、客がツイッターに書き込みしたコメントである。

・客のTwitterコメント
「浦安のホテルユーラシア5階のレストラン。私はエビカニアレルギーなので、アレルゲン表記を見てメニューを選び、珍しく海老が入ってない中華丼に感動し注文。ところが食べ進めていくと中から海老が!!これは食品事故、アナフィラキシーショックが出るかもしれないと思いレストラン支配人に伝えると」

「貴重な意見をありがとうございます!と。そして笑顔で、中華丼には海老が3匹入っております!!と。把握してるのに表示が無い。他のメニューを見ても明らかに小麦粉や卵等のアレルゲン物質を使っている物にも表記がない。誤表記の状況は極めて悪質で、その重大さを支配人が理解していない」

「ここまでめちゃくちゃなアレルゲン表記なら何も表記しない方が安全なレベル。私は嘔吐や蕁麻疹等のアナフィラキシー症状が出たので自力でタクシー捕まえて救急外来に。支配人に状況説明の為に電話したら、それに対しての対応はすぐに返答できないの一点張りで」

「私の体調を気遣う言葉も無く、治療費すら返ってくるかわからない。挙句の果てには途中で食事を辞めた夫の分の飲食代もしっかり請求されている。。これはもう食品事故としか思えないのだけれど」

「アレルギーの表記をしてくれているレストランはアレルギー持ちの味方で親切なレストランだと思っていたので誤表記を考えた事も疑った事もありませんでした でも危ない所もあるんだと身をもって体験しました、、早くアレルギーが完全に治る方法が見つかったら美味しく食べられるようになるのにな」

「そして、救急外来にかかったと伝える電話の際、月曜日になったら保健所に届けを出して良いかと伝えたら、ご勝手になさってください、と。緊張してこの発言になったのかはわからないけど、ちょっとびっくり」

・客に寄り添う対応が必要
もちろん、このトラブルが事実であればだが、この炎上にはふたつの原因があると考えられる。まずひとつは、「アレルギー食材を使用していながらアレルギー食材を含む料理だった」というミスだ。そしてもうひとつは、レストラン側の客に寄り添う対応がいっさい感じられなかったからだ。

・公式コメントをサイトに掲載する準備
この件に関して、「SPA & HOTEL舞浜ユーラシア」は公式コメントをサイトに掲載する準備を進めている事が取材により判明した。事実でないのであればホテルに対する誹謗中傷となるし、事実ならば重大な食品事故ともいえる。どちらにしても、ホテル側はハッキリと事実を明言すべきである。

【続報】
ないはずの海老が入ってて客がアナフィラキシー症状 / レストランが公式コメント発表「横柄な態度は謝罪せず」

もっと詳しく読む: レストラン客がアナフィラキシー症状 / アレルギー表記せず海老使用「ホテルが公式コメント発表予定」(バズプラス Buzz Plus)

※冒頭画像はイメージです