中山競馬場で走っている馬がスタッフを蹴り飛ばす事故発生


uma

あまりにも恐ろしい事故が発生した。中山競馬場のレースで走っていた競走馬が、コースにいたスタッフに飛び込み、蹴り飛ばす事故が発生した。そのようすは映像として撮影されており、多くの人たちが目視で確認し、衝撃を受けている。

実際に撮影された動画を見てみると、コース上に複数のスタッフらしき人たちがいるのを確認できた。そこにマイネルバッカーノ(11番)が突っ込んでいき、少なくとも一人が蹴り飛ばされているようすが目視で確認できる。

競走中のコースは非常に危険であり、本来ならばスタッフがいるのはおかしい。どうしてコースにスタッフがいたのか? 実はこの事故の直前にシンボリブーケ(8番)の騎手が落馬しており、スタッフはその対応をしていたのである。

あまりにも恐ろしく、そして危険な事故だったが、今後も同様の事故が発生する可能性があるため、スタッフと騎手、馬の安全を最優先に対応してほしいものだ。そして、スタッフの早期の回復を心から願うばかりだ。

もっと詳しく読む: 中山競馬場で走っている馬がスタッフを蹴り飛ばす事故発生(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/01/19/keiba-uma-staff-accident-news/