クルーズ船・ダイヤモンドプリンセスの乗客から地上の皆さんへメッセージ / 私達はこの船からおもてなしを受けている

新型コロナウイルスの影響


image1

今回、新型コロナウイルスの拡散によって影響を受けているクルーズ船「ダイヤモンドプリンセス号」の乗客の皆さんの多くが、まだ家に帰っていません。まだ旅の最中なのです。そのような視点で考えれば、「ダイヤモンドプリンセスという旅先」の情報を伝えることは意味のあることではないかと考えました。

・ダイヤモンドプリンセス内からメッセージ
我々はダイヤモンドプリンセス内部情報の多くをマスコミから得ているのが現状ですが、乗客の生の声こそ、リアルでフィルターのない情報なのではないかと考えます。今回は、今現在、「ダイヤモンドプリンセスという旅先」にいる乗客の方とコンタクトをとり、メッセージを頂く事が出来ました。ここに、乗客である石田さんの一文を掲載いたします。

・ダイヤモンドプリンセス乗客からのメッセージ
「テレビでは船内も環境が日に日に悪化、などネガティブな事しか報道されていないように思います。私も実際電話取材で、大変でしょう? ご心配でしょう? 不安でしょう? と言われましたが、全然大丈夫ですよ、高齢の主人も母ものんびりさせてもらっています。と答えても、何とか辛いと言わせようとする質問。うんざりしました。私達はスイートで部屋もベランダも広くて、恵まれているからでしょうけど、内側のお部屋でも愚痴を言わずにいる方もいらっしゃいます。中には掃除が来ないから不潔になっているという方がいるようですが、部屋は土足です。床に座る人なんかいないので、テーブルや洗面台を配られた除菌ティッシュで拭けばいいと思います。シーツも変えに来ないって、家でも毎日シーツ変えてるの? って思います。私は昨日シーツの変えが来たので母と仕方なく変えたくらいです。食事も確かに口に合う合わないはありますが、いつも残して申し訳ない量の食事が部屋まで運ばれます。お水も、もう充分だからいらないよとクルーに行っても、運んで来てくれます。ヤクルト、コーラ、カップ麺、など企業からの支援もありがたいです。昨日は海側で、暖かくベランダで半袖で過ごせました。私達は船旅のおまけと思って、引続きリラックスさせてもらっています。今も船長のアナウンスで掃除について、厚生労働省に許可を取るべく交渉中ですが、まだ許可が出ませんとのことでした。私はこれを聞いて、毎日頑張って働いてくれているクルーにこれ以上の負担をかけることを要求する人たちがいると思うと、涙が出そうになりました。トイレも自分達しか使わないのだから、汚さないように使えます。ゴミも毎日回収に来てくれます。タオルも毎日交換してくれます。いまだに私達はこの船からおもてなしを受けていると思っています。19日まで楽しんでいますので、そんな人もいるよと周りの方にお伝えしてもらえたら嬉しいです」

・すべてが劣悪ではない
一部のマスコミでは、ダイヤモンドプリンセス内部は劣悪な環境であるかのように報じられていますが、少なくともこのメッセージからは、そのような印象は受けません。もちろん、すべての乗客が同じ感想とは限りませんし、不満を持つ人がいるのも事実かもしれませんが、すべてが劣悪ではないように感じ取れます。

・無事に家路につけるよう心から願うばかり
また、クルーの乗客に対するホスピタリティーが徹底されていることも理解できる内容です。このような状況下ではクルーも疲弊していておかしくないと考えますが、クルーも乗客も良い関係が築かれているように感じ取れます。いまは少しでも早く、すべての乗客が無事に家路につけるよう、心から願うばかりです。もちろんクルーの皆さんも。

そして、メッセージの掲載許可をくださった石田さんに心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。

もっと詳しく読む: ダイヤモンドプリンセスの乗客から地上の皆さんへメッセージ / 私達はこの船からおもてなしを受けている(Photrip フォトリップ) https://photrip-guide.com/2020/02/13/diamond-princess/

※写真はイメージです