槇原敬之が覚醒剤取締法違反で逮捕され番組音楽差し替え / 高田純次のじゅん散歩は「ヒア・カムズ・ザ・サン」に変更

槇原敬之


makihara

2020年2月13日に歌手の槇原敬之(50歳)が覚醒剤取締法違反で警視庁に逮捕された事件で、槇原敬之の楽曲を使用していた複数の番組が楽曲の差し替えに追われることになった。たとえば、逮捕翌日に放送された高田純次の「じゅん散歩」は即時に対応し、楽曲が変更されていた。

「じゅん散歩」は今まで槇原敬之の楽曲をテーマソングとして使用していたが、逮捕されたことによりビートルズの「ヒア・カムズ・ザ・サン」に変更。しかしビートルズがみずから歌ったものではなく、他の歌手がカバーしたものとなっていた。

そもそも、槇原敬之が「じゅん散歩」で歌っていた楽曲「一歩一会 」はこの番組のためにあるようなバッチリの内容で、多くの人たちから支持を得ていた。それにも関わらず、このような事件が発生してしまったため、ビートルズの楽曲に差し替えられた。

もっと詳しく読む: 槇原敬之が覚醒剤取締法違反で逮捕され番組音楽差し替え / 高田純次のじゅん散歩は「ヒア・カムズ・ザ・サン」に変更(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/02/14/makihara-taiho-sanpo-news/