【大絶賛】映像研「セクシーさ皆無」な銭湯シーンが視聴者から高評価 / アニメ 映像研には手を出すな!

新たな表現の可能性と固定イメージからの解放


eizoken

2020年2月16日(月曜日)にNHKで放送されたアニメ番組「映像研には手を出すな!」第七話が視聴者から高い評価を得ている。女子高生ら3人が銭湯に入るシーンが放送されたのだが、ありがちなサービスシーンは皆無で、性別をいっさい感じさせない自然体の女子高生が描写されていた。

・長い分数を割いて銭湯での入浴シーンを放送
映像研には手を出すな!」第七話では、けっこう長い分数を割いて銭湯での入浴シーンを放送。従来のアニメ作品の多くが、女子高生や若い女性が入浴するシーンでセクシーさを強調しがちだったが、今回はいっさいそのようなシーンはなく、無邪気に、そして健全に銭湯ではしゃぐ女子高生3人が描写された。

・アニメに魅了され夢中になる若者の姿
そのシーンは女性的でも男性的もなく、まさに性別を感じさせない「アニメに魅了され夢中になる若者の姿」しかない。視聴者はこの銭湯シーンを高く評価し、インターネット上で大絶賛されているのである。

・感動して涙が出たと言っている人
アニメ作品にありがちな「女性の入浴シーン =セクシーさ」という流れからの脱却を果たした作品であり、老若男女が高く評価し、なかには感動して涙が出たと言っている人もいたほど。

・新たな表現の可能性と固定イメージからの解放
もちろん、従来のアニメ作品にある「女性の入浴シーン = セクシーさ」という描写を完全否定することはできない。しかし、「映像研には手を出すな!」が新たな表現の可能性と固定イメージからの解放を感じさせてくれる作品となったのは間違いない。

もっと詳しく読む: 映像研「セクシーさ皆無」な銭湯シーンが視聴者から高評価 / 映像研には手を出すな(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/02/18/keep-your-hands-off-eizouken-news/