【悲報】東京オリンピック中止の可能性あり / 国際オリンピック委員会が言及「開催是非の判断期限は5月下旬」

東京オリンピック


2020

東京オリンピックは2020年7月24日から開催される予定だが、新型コロナウイルスの感染が拡大している事が影響し、開催が中止または延期される可能性が出てきた。

・開催是非の判断の期限は引き延ばせて5月下旬
これは国際オリンピック委員会のディック・パウンド氏(77歳)が、東京オリンピックに関するインタビュー内で、開催の是非に言及したため判明したことで、多くの人たちに衝撃を与えている。彼は「開催是非の判断の期限は引き延ばせて5月下旬」との見解を示したのである。「開催是非の判断」という言葉が出てきた以上、中止や延期の可能性が出てきたことになる。

・ショッキングな結末になる可能性
いままでは「東京オリンピックの開催中止はありえない」という説が有力視されており、誰もが開催は確実的なものと考えていたが、ここにきて「東京オリンピックの中止」という、ショッキングな結末になる可能性も出てきてしまった。

・最悪の不況が訪れる可能性
東京オリンピックには東京都はもちろんのこと、数多くの企業から莫大な金額が投入されており、もし中止という事態になれば最悪の不況が訪れる可能性がある。また、窮地に追い込まれる人たちも数多く現れるだろう。

早急に新型コロナウイルスに対する対策と沈静化が進み、安心して東京オリンピックが開催されることを願うばかりだ。

【続報】
新型コロナウイルスによる東京オリンピック中止で4つの選択肢「歴史上初の無観客試合ありえる」

もっと詳しく読む: 東京オリンピック中止の可能性あり / 国際オリンピック委員会が言及「開催是非の判断期限は5月下旬」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/02/25/possibility-cancellation-tokyo-olympics-news/