【炎上】 新型コロナウイルスのトイレットペーパー不足デマを拡散した米子医療生活協同組合の職員 / 理事長が謝罪

米子医療生活協同組合が謝罪


kaishime2

新型コロナウイルスの影響により、トイレットペーパーが不足する。そんな情報を目にして、薬店やスーパーやコンビニエンスストアなどにトイレットペーパーを買いに行った人が多くいるようだが、それはデマだった。そんなデマを日本中に拡散させた人物が特定され、勤務先が謝罪する事態に陥っている。

・人を混乱に招いた張本人
トイレットペーパー不足デマを拡散したのは、米子医療生活協同組合の職員。その組合の理事長が謝罪文を公開し、多くの人たちに衝撃が走っている。そもそも人を支えるべき医療生協という業務の職員でありながら、人を混乱に招いた張本人だと判明し、その点においても怒りの声が出ている。以下は職員によるデマコメントと理事長のコメント。

・デマ(職員コメント)
「コロナで品薄になる品予測を根拠付きでお伝えします。次は、トイレットペーパーとティッシュペーパーが品薄になります。製造元が中国です。生産元がティッシュペーパーやトイレットペーパーを生産をそもそもしていないのが根拠です。品薄になる前に事前に購入しておいた方が良いですね」

・職員の不祥事のご報告とお詫び(理事長コメント)
「このたび、『新型コロナウィルスにかかわりトイレットペーパーが品薄になる』旨の事実とは異なる誤った情報のSNSへの投稿者の1人が、当組合の事業所に勤務する職員であることが判明しました」

「当組合の職員の極めて不適切な行為により多くの皆様方にご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。当該職員には当組合の規定に照らして厳正な対応を検討いたします」

この「新型コロナウイルスの影響でトイレットペーパーが不足する」というデマを信じた日本中の人たちが薬店やスーパーマーケットに走り、買占め行動に出た。この影響で、普通にトイレットペーパーを買いたい人たちに届いていないのが現状だ。

実際には新型コロナウイルスによってトイレットペーパー不足になるような事態には陥っておらず、人災としてトイレットペパー不足に陥っている。適切な量を購入し、足りているときは買い占めない。それを徹底するだけでこの問題は解決すると考えられる。

【続報】
【炎上】新型コロナウイルスのトイレットペーパー不足デマ拡散した男に怒りの声 / 名前も特定される「勤務先の米子医療生活協同組合が謝罪」

もっと詳しく読む: トイレットペーパー不足デマを拡散した米子医療生活協同組合の職員 / 組合理事長が謝罪(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/03/04/lack-of-toilet-paper-hoax-news/