スタートレック:ピカードの時代はヴォイジャーよりワープ航行がメガ進化 / 40年かかる距離が数日で可能に

Star Trek: Picard


star-trek-picard

海外ドラマ「スタートレック:ピカード」は2399年を舞台にしたSF作品だが、それよりも以前の2371~2378年を描いた「スタートレック:ヴォイジャー」よりも、ワープ航行のスピードが大幅に進化している事が、2020年3月6日(金曜日)に配信されたスタートレックピカード第7話にて判明した。

・最高ワープスピードでも約70年かかる
スタートレックヴォイジャーに登場した宇宙艦U.S.S.ヴォイジャーは、管理者と呼ばれている異星人によって、一瞬にして地球から75000光年の遥か彼方の宇宙域に飛ばされてしまった。その宇宙域から地球に戻るには、U.S.S.ヴォイジャーの最高ワープスピードでも約70年かかるという設定だった。

・ヴォイジャーなら約40年かかる距離
スタートレックヴォイジャーの時代から約20~30年後を描いたスタートレックピカードには、小型宇宙艦ラ・シレーナが登場。非常に小型ながら、40000光年離れた惑星ネテンペまで数日でワープできることが判明している。スタートレックヴォイジャーの時代であれば、約40年かかる距離である。

star-trek-picard-seven-of-nine-news2
star-trek-picard-seven-of-nine-news3
star-trek-picard-discovery-news2
star-trek-picard-seven-of-nine-news1
star-trek-picard-discovery-news1

・一瞬にして40000光年を移動できるシカリス人
小型宇宙艦ですら数日で40000万光年を移動できてしまうことから、U.S.S.ヴォイジャーが飛ばされた75000光年も、容易に旅することができるということになる。このワープ技術がどのようにしてもたらされたのか不明だが、スタートレックヴォイジャーの時代では一瞬にして40000光年を移動できるシカリス人の技術をボーグが奪い実用化していた事から、地球でも約20年ばかりで大きく移動技術が進化していてもおかしくないといえる。

・過去の作品と関連している技術
スタートレックピカードには今後も新たな技術が登場すると思われる。過去の作品と関連している技術や根拠をもとにストーリー設定されている作品なので、いろいろと考察が楽しみな作品といえよう。

ちなみに、スターウォーズとスタートレックが公式に共演しているムービーがインターネット上で話題になっているので、ファンならばチェックしてみてはいかがだろうか。

もっと詳しく読む: スタートレック:ピカードの時代はヴォイジャーよりワープ航行がメガ進化 / 40年かかる距離が数日で可能に(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/03/06/star-trek-picard-warp-news/