【炎上】静岡県議会議員の諸田洋之氏が楽天市場でマスクを抱き合わせ販売か / 新型コロナウイルス商法の可能性

新型コロナウイルス


morota8

ユーチューバーであり静岡県議会議員でもある諸田洋之氏(46歳)が、新型コロナウイルスの影響により極めて品薄となっているマスクを大量転売している事が判明し、大炎上となっているが、新たに転売疑惑が浮上し、セルフバーニング現象が起きている。

・マスクの価格としては常識外れ
諸田洋之氏はインターネットオークションサービス「ヤフオク」に大量のマスクを出品。その出品回数は40回以上とされているが、1回につき数万円から十数万円の利益を得ていたと報じられている。また、最高入札価格は約70万円とのことで、マスクの価格としては常識外れの尋常ではない金額であり、人の足もとをみた

・人としてのモラルに欠ける
諸田洋之氏は貿易商社を経営しており、取扱商品のマスクを大量に出品しただけと言っている事から「転売ではない」「適正な商売」と言いたいのかもしれないが、そもそも新型コロナウイルスでマスク不足が問題視されているなか、マスクをヤフオクで高額落札させている時点で、議員として、人としてのモラルに欠けると世間から判断されているようだ。

morota-hiroyuki

・インクとマスクが抱き合わせ販売疑惑
そんななか、新たな疑惑が浮上した。諸田洋之氏が店長を務める楽天市場のショップで「インクとマスクが抱き合わせ販売されていた」というのである。インターネット上で抱き合わせ販売の疑惑が浮上し、改めて再炎上しているのだ。

新型コロナウイルスの影響によりマスクが欲しくても手に入らない人が多くいるなか、本当に抱き合わせ販売をしていたのだとすれば、非人道的な行為として怒りの声が出るのも理解できる。

morota1
morota2
morota3

・事実上の抱き合わせ販売か
調べてみたところ、確かに、楽天市場のショップでインクを5セット以上購入するとマスクがもらえるサービスを展開していたようだ。これが事実上の抱き合わせ販売だとして指摘されており、怒りの声が出ているようである。プレゼントなのか、抱き合わせなのか、どちらにしても「たくさん゜買った人にはマスクをあげる」という行為なのは間違いない。

・疲労困憊の日本国民から搾取する行為?
静岡県議会議員である諸田洋之氏。議員を聖人だとは思わないし、聖人的な行為も求めていないが、世間が混乱するなか、高額でマスクを販売する行為は、新型コロナウイルスで疲労困憊している日本国民から搾取するかのような行為と思われても仕方がないし、議員としてふさわしくない。そんな声も出ている。

諸田洋之氏の転売疑惑はすでに大々的にニュースで報じられているが、事実でないならば、すぐにでも説明し、誤解を解くべきである。事実だとしても、真意を語るべきかもしれない。

もっと詳しく読む: 静岡県議会議員の諸田洋之氏が楽天市場でマスクを抱き合わせ販売か / 新型コロナウイルス商法の可能性(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/03/07/morota-hiroyuki-mask-dakiawase-news/