【炎上】糸井重里「Fukushima50」感想をTwitter書き込みして炎上 / 町山智浩も疑問視「糸井さんは原発や戦争を恐れた歌をくだらないと批判した人」

MOTHERの糸井重里さん


itoi

コピーライターでありゲームクリエイターとしても活躍した過去を持つ糸井重里さん(71歳)が、インターネット上で炎上している。糸井重里さんは、福島第一原子力発電所事故を題材とした映画「Fukushima50」を鑑賞し、その感想をTwitterに書いたところ、批判的な意見が多数寄せられ、炎上状態になっている。

・人それぞれが違う感想を持って当然なのに炎上?
映画はさまざま視点があって良いし、何が正しく何が間違いか決められるものではない。人それぞれが違う感想を持って当然であり、糸井重里さんの感想に対して批判的な意見がありつつも「間違った感想」とはいえないはず。それでも炎上しているのはなぜか。

・Twitterで疑問視する声
糸井重里さんの感想に対して、肯定的な意見も多数あるが、映画評論家として活躍する町山智浩さん(57歳)は糸井重里さんの感想に対し、疑問視する声をTwitterであげている。以下は、糸井重里さんと町山智浩さん、そのほかさまざまな人たちの意見である。

・糸井重里さんの書き込み
「戦争映画や、時代劇だと「いのちを捧げて」やらねばならないことがでてくる。いまの時代は「いのち」は無条件に守られるべきものとされるから、「いのちを捧げる覚悟」は描きにくい。映画『Fukushima50』は、事実としてそういう場面があったので、それを描いている。約2時間ぼくは泣きっぱなしだった」

・町山智浩さんの書き込み
「糸井重里さんが原発を守るために命を捧げた映画を絶賛して泣いている。糸井さんは、忌野清志郎ボスが原発や戦争を恐れた歌を「くだらない」と批判した人だ。原発を恐れるのはくだらなくて、命を捧げるのは素晴らしいのか」

・多くの人が現在進行形で悲しい現実の中を生きている
糸井重里さんの感想が「賛否両論」と言うよりも「炎上」側に寄ってしまったと感じるのは、この映画が実際の出来事をベースに作られたものであり、それが悲しい悲劇をもたらし、いまだに解決していないから。現在進行形で悲しい現実の中を生きている人がたくさんいる状態であり、「泣いて解決する美談」と感じてほしくないという思いが多くの人たちにあるのではないだろうか。そんな声も出ている。

・期待の高さと世間評価から乖離する感想
おそらく糸井重里さんも単なる泣ける美談と感じて感想を書いていないと思うが、「糸井重里」という人物に対する期待の高さと世間評価から乖離する感想だと感じ取られ、炎上してしまったようにも感じるが、皆さんはどうお思いだろうか。

もっと詳しく読む: 糸井重里「Fukushima50」感想をTwitter書き込みして炎上 / 町山智浩も疑問視「糸井さんは原発や戦争を恐れた歌をくだらないと批判した人」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/03/09/itoi-shigesato-fukushima50-movie-news/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。