【炎上】朝日新聞編集委員・小滝ちひろ氏「新型コロナウイルスは痛快」と発言し大炎上 / 猛烈バッシング受ける

小滝ちひろ / 新型コロナウイルスは痛快


tsukai-chihiroktk

朝日新聞編集委員である小滝ちひろ氏(57歳)が、インターネット上で「新型コロナウイルスは痛快」との内容でコメントを公開し、日本中から怒りの声が上がり、猛烈バッシングを受けている。

・炎上の原因はツイッター
猛烈な怒りの声が上がり問題視されているのは、2020年3月13日に小滝ちひろ氏が自身の公式Twitterに書き込みしたコメント。その投稿には、以下のコメントが書き込みされていた。

・小滝ちひろ氏のTwitterコメント
「あっという間に世界中を席巻し、戦争でもないのに超大国の大統領が恐れ慄く。新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在かもしれない #新型肺炎・コロナウイルス」

・たまらなく愉快なこと
その書き込みとともに、朝日新聞デジタルの「五輪景気への期待 延期発言で吹っ飛ぶ 世界株安」という記事へのリンクも掲載されていた。

・痛快とは「たまらなく愉快なこと」
インターネット辞書「goo辞書」によると、痛快とは「たまらなく愉快なこと。胸がすくようで、非常に気持ちがよいこと」を意味する。小滝ちひろ氏にとって、新型コロナウイルスは「たまらなく愉快なこと」ということか。

img4
kansen
img5

・見解や賛意ではないという言い訳は通用しない
朝日新聞デジタルの公式サイトには、小滝ちひろ氏のプロフィールが書かれている。そこには「ツイッターでの投稿内容は私個人の意見」「朝日新聞社の見解ではありません」「RTやリンクは賛意とは限りません」とあるが、「痛快」という書き込みとともに朝日新聞デジタルの記事リンクも掲載している以上、見解や賛意ではないという言い訳は通用しないと思われる。

・朝日新聞掲載の小滝ちひろ氏プロフィール
「編集委員。担当は文化財と古社寺。奈良をベースに東へ西へ。空手とAFVプラモにはまってます。ツイッターでの投稿内容は私個人の意見です。朝日新聞社の見解ではありません。RTやリンクは賛意とは限りません」

chihiro-corona

・「痛快」という表現
どのような意図で「新コロナウイルスは痛快」と書き込みをしたのかは不明だが、多くの人たちが感染し、そして亡くなっている出来事だけに、「痛快」という言葉を使用して今の気持ちを世間に表明したことは不適切との理由で炎上していると考えられる。

・猛烈バッシングを受ける結果を招いた
個人がどのように思おうと自由だ。誰も、その個人が思う事を止めることはできない。しかしながら今回の発言は多くの人たちを不快にし、怒りを感じさせ、猛烈バッシングを受ける結果を招いてしまった。新聞社の編集委員であれば、そこまで考えが及んでもおかしくないのだが、今回はそこまで至らなかったのだろうか。

【続報】
【炎上】朝日新聞記者の小滝ちひろ氏の「新型コロナウイルスは痛快」発言に朝日新聞が謝罪 / 記者権限を剥奪


もっと詳しく読む: 朝日新聞編集委員・小滝ちひろ氏「新型コロナウイルスは痛快」と発言し大炎上 / 猛烈バッシング受ける(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/03/14/coronavirus-intense-pleasure-news/

画像: Twitter / 朝日新聞デジタルより引用

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。