【ホテル朝食旅日記】南アフリカ・コモドアホテルの朝食ビュッフェが肉肉肉肉肉だらけ肉パラダイスだった件

南アフリカのケープタウン


cape-town1

世界の素晴らしいホテルに泊まりつつ、ゆったりとした時間の流れのなかで素晴らしい朝食を楽しむ。旅行者にとって、これ以上幸せなことがあるのでしょうか。前回のインドのホテル「DARJEELING ZAMBALA RETREAT」に引き続き、今回も美味しい朝食をご紹介します。

ミナミアフリカのケープタウンにある「ザ・コモドアホテル」(Portwood Rd Portswood Square, V & A Waterfront)の朝食は、驚くほど豪華なビュッフェを楽しむことができます。

・野菜やフルーツやパンもハイクオリティ
南アフリカの新鮮な食材を豊富に使用しているため、野菜やフルーツやパンもハイクオリティなのは言うまでもありませんが、とにかく肉が美味しい。そして肉料理のラインナップがかなり多い。まさに肉食な旅人にはたまらない朝食と言えます。

cape-town8
cape-town9
cape-town10
cape-town4
cape-town3
cape-town7
cape-town6
cape-town5
cape-town2
cape-town1

・ボリューミーでリッチ
ソーセージ、ハム、サラミ、肉炒め、ベーコン、ローストチキンなど、ほかにもたくさん肉料理が用意されていて、ディナービュッフェと言われてもおかしくないほどボリューミーでリッチ。朝からガッツリと体力がつきそうです。

・クドゥはなかなか食べられない
しかも、南アフリカならではの動物、クドゥの肉も食べられます。牛、豚、鶏は頻々に食べることがある日本人ですが、クドゥはなかなか食べられないですよ。そのお味は、実際に食べてからのお楽しみ。

もっと詳しく読む: 南アフリカ・コモドアホテルの朝食ビュッフェが肉肉肉肉肉だらけ肉パラダイスだった件(Photrip フォトリップ) https://photrip-guide.com/2020/02/28/the-commodore-hotel-breakfast/