【話題】愛知県蒲郡市のウイルスばらまき男が死去 / 新型コロナウイルス感染中にフィリピンパブでウイルス拡散を計画

新型コロナウイルス


image23321

新型コロナウイルスがパンデミック状態で世界中で拡散しているなか、新型コロナウイルスに感染した日本人男性(50代)が「コロナをばらまく」と世間に対して予告。

・店員などと濃厚接触を繰り返す
実際に居酒屋やフィリピンパブなどに出向き、店員などと濃厚接触を繰り返し、不特定多数の人に対して新型コロナウイルスの感染リスクを高める行為をしていたが、2020年3月18日13時ごろ、入院先の病院で亡くなったことが判明した。

・世間からは「ウイルスばらまき男」として怒りの声
この男性は「あちこちでコロナウイルスばらまいてくるから」「俺がコロナだ! みんなにバラまいたるわ!」などと発言し、意図的に新型コロナウイルスを世の中に広めようとしていたことが判明している。さらに「今から駅前でパチンコ屋で菌をばらまく!」とも発言していたという。それゆえ、世間からは「ウイルスばらまき男」として怒りの声があがり、犯罪なのではないかとの声も出ていた。

・ばらまき男から女性店員が感染した可能性高い
この男性が立ち寄ったフィリピンパブでは、同じ時間帯に同室にいた女性店員(30代)が新型コロナウイルスに感染している事が判明しており、このウイルスばらまき男から感染した可能性が高いともいわれている。計画的かつ意図的に新型コロナウイルスを拡散させようとした男性だが、女性店員が感染したわけで、彼の目的は達成されたということだろうが、危険な行為であり、決して許されることではない。

v
images001
korona
img5

・家族全員が新型コロナウイルス感染
この男性の家族は全員が新型コロナウイルスに感染しており、この男性の父親(80代)、母親(70代)、息子(30代)が陽性反応を示していると報じられている。どのような経路で新型コロナウイルスが男性に感染したのかは不明だが、どうであれ意図的に感染者を増やそうとした行為は非道な行為であり、飲食店は警察署に被害届を提出したと報じられている。

・死去後も多くの人たちから怒りの声
男性が亡くなったことは気の毒だが、彼が感染後に行った行動に対して、亡くなったあとも多くの人たちから怒りの声や不快感を示す声が出ている。今後、感染者が減り続けることを強く願うばかりだ。現時点で、この男性が亡くなった死因は公開されていない。

・咳エチケット守らない客は退店
ちなみに現在、多くの飲食店が新型コロナウイルスの感染リスクを減らすため、さまざまな対策をとっている。人気ラーメン店「ラーメン二郎相模大野店」は、店内に「咳とクシャミのマナーについて注意書き」を掲示しており、守らない客は退店してもらうルールを表明している。


もっと詳しく読む: 愛知県蒲郡市のウイルスばらまき男が死去 / 新型コロナウイルス感染中にフィリピンパブなどでウイルス拡散を計画(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/03/18/man-spreading-coronavirus-news/